昨日9/19は、結局たまったメールのやり取りや
ブログの更新で終わってしまいました。

そこで今日は、温泉に行きゆっくりすることに。

行くといっても、車で5分。

以前ちょろっとお話しした、「耕きちの湯」です。

ここは立ち寄りの湯で、旅館ではありませんが、
私たちは大好きなところ。

緑にかこまれ、古民家の母屋と浴場は雰囲気も最高!!

ウチのCちゃんも、赤ちゃんの頃、ここのお湯で病気を治しました。

黒川温泉エリアのはずれにあり、
入口もさりげなく、かなり穴場的場所です。

食事もできますが、このようにお風呂のみの営業の場合も多々ありです。

外観はこのような感じ。120年前の古民家を移築した母屋で食事ができます。

 豊かな緑に囲まれ、湯上りに涼むにはもってこいです。

小道の奥に、お風呂場があります。

左手の受付で、料金400円を払い、いざお風呂場へ。

秘湯という感じですね~。いよいよ中へ入ります。

今日は貸切り。耕きちの湯は、静かに私たちを迎えてくれました。

差し込む光が絵になります。

お湯のそそぐ音だけが心地よく響きます。

ここのお湯は、白濁した硫黄泉。あの典型的な温泉の香りです。
温度も長湯向きで、それほど熱くありません。

高い天井を見上げお湯に浸かっていると・・・。

思わずこんな格好になってしまいます。

そしてすべてを忘れてぼーっとしていると、また話しかけてきます。

うん、最高に気持ちよかよ・・・ありがとね。

でもこれ、夢うつつの会話ではありませんでした。

いきなり目の前の窓から、受付のおばさんが現れ、
「お湯の温度はよかね?灯りはつけんでいいと?」

思わず笑ってしまいながら返事をします。

「大丈夫、最高に気持ちよかです!」

ちなみに女風呂はこんな感じ。灯かりがつくと、またいい雰囲気です。

またここには、渓流沿いに建てられた3つの家族風呂もあります。

石造りの湯船がふたつ。「さざんか」と・・・

「せせらぎ」。

そして、私の一番のお気に入り、「ひのき」です。

ご家族でいらっしゃった時には、ぜひどうぞ!!

お風呂から出ると、秋の花たちや木の実が鮮やかに迎えてくれました。

さて、食事を提供している母屋のほうは、
どのようになっているのでしょう??
写真は別の日に取ったものですが、こんな感じです。

入口は土間になってます。そこから奥を眺めると・・・。

おばあちゃんの家のようです。

部屋からの景色も格別です。

この景色を見ながら、こんな食事は如何ですか?
(食事は別の日に撮影)

「そば定食」!!

ご主人が打つ、手打ちのそば!!
写真は温そばですが、ざるへのチェンジもおすすめです。

そして、地元で取れた新鮮野菜を使った色とりどりの小鉢!!

その他にも、いろいろとメニューはありますが、
この「そば定食」が、私のイチオシです。

この母屋の食事処は、閉まっていることがあったり、
そば自体が売り切れとなっている場合もありますので、
まずはお電話にて確認されたほうがよいでしょう。

さてさて、癒しのひと時をありがとうございました!!
また寄らせていただきま~す。

「耕きちの湯」の詳細は、こちらをご覧ください。
http://koukichi.ftw.jp/

さてそれから、お腹がすいたので、
この村に来て以来、私たちのソールフードとなりつつある
「アレ」を食べに行きました。

その「アレ」とは??

じゃ~~ん!!うどんで~す!!

小国町にあるパチンコ屋さんの隣にあるうどん屋さんですが、
これがまた、うま~~~い!!

讃岐風うどんで、いくら食べても飽きません。

「まる天・おぼろ・月見」

このトッピングが、私の定番です。

この極太しこしこ麺がかもしだす、のどごし!!

その場で揚げられたまる天を、はふはふいいながら食します!!

そのおつゆを一口飲めば、「ホ~~ッ!!」と出てしまう、安心感のため息。

また食べてしまったと思いつつ、やめられませ~~~ん。(*^_^*)

と、こんな感じで、最高な休日の癒しを頂き、今日は終了です。

いやいや、今日も本当にありがとうございました~。

それでは、また!!

Have Fun!!