TSTヘミシンクセミナー参加者の皆様のご感想

           へミシンクCDは聞けば本当に、体験できるのだろうか?

            最初は疑問に感じました。まったく何度聞いても、
               何も感じなかったからです。
          しかし、TSTのセミナーを受けて、あーこれが体験なのかと
                少しずつわかり始めました。
              最初は夢ではないか、自分の雑念か、
        脳が情報を整理をしているのか、と体験ではないと、思いました。
            F12で質問をしてみると、答えが返ってくる。
                 亡くなった母が現れる。
                ファンタジーな映像も出る。
            時々ではあるが、少しずつ内容が出てきました。
 
           問題は家では体験が思うように出来なかったことです。
      日中の出来事やこれからのスケジュールが頭をよぎり気が散るのです。
              スカイプセミナーを受けましたが、
       なんの体験もなしということばかりでは、どうしょうもありません。
            TAIさんは何回聞き、何回クリックアウト、
           何回無し、何回体験ありか、記録してみては?
          とアドバイスしていただき、記録することにしました。
            そうなると、少しでも、成績をあげようと、
             自分なりの工夫をするようになりました。
               (本当はよくないのですが) 
          1度聞いてだめなら、連続2度聞いたらどうかとか、
              朝、晩何時に聞くのが良いかとか。
                 確かに連続で聞くと、
         CDが身体に徐々に染みていき効果が表れてくるようです。
              そうなると、CDは素晴らしいが、 
           聞く自分の環境の問題ではないかと思いました。
              家では全然体験無しかあっても
          月に1回程度でしたが、この2017年に入り3か月で、
           半分近くまで体験を得られるようになりました。
           来年はCDを聞いたら常に体験を得られるように
              自分をもって行きたいと思います。
              内容はその次の目標となりますが、
             次の2017チームの方がいらしたら、
           こんな私のような人でもなんとかなるという、
             小さな光になれるよう頑張ります。
 
         一年間楽しかったです。TAIさんや皆さんのおかげです。
                ありがとうございました。
          (2016リユニオンコース 埼玉在住Oさん 女性)

      ==================================

          2016年リユニオンコースを終えて

     私は前年度と今年度で2年間リユニオンコスを受講しました 。

       こちらにる前に個人的にヘミシンクをしていて、 

           何か感じたり見 たりする時と 

        まったく何にも感じない時との差が激しく、  

    どうしたらもっと継続的に体が浮遊(幽体離)する感覚だとか  

    映像的なもの(火の玉が上がって輝いて消えるなど)を見れるのか 、 

         やっていたのですが途中で 感じれなくなり、 

           ヘミシンクをやめていました。

            それから何年間か過ぎて、

    ネットでタイさんの事を知り、最初は信 じられませんでしたが、

     タイさんの講習に出た方の書きみが自然な感じ高評、 

            またタイさんのTSTサイトの 

         ヘミシンクの解や各フォカスの世界観、 

    感が細かく明されてい てヘミシンクにする取り組み方が

        熱心で深い経験を持っている感じがしました。 

             また講習にる方に 

      何かしらヘミシンクで経験を得られるようにとする 

             対応優しさを 感じ、

       一度行ってみようと思った事がきっかけでした。

      1年目の時は、フォカス10でのセッションで、

     レゾナント・エナ ジー・バルーンを体の周りに巡らせ、

   そこからの体にエネルギーに集中させることによ ってリラックス、 

          体を癒したり、温かくなったりして、 

    床についてる背中の感じがなくなったりすることは感じましたが、 

             ガイドの存在だとか、

     映像的に何か見えるという事はすぐにはありませんでした。 

       でも自分の過去生を見るセッ ションになってから

           変化が起こったと思います。 

          過去生のセッショ ンを受けるとき

        ほんとに過去生が見れるのかと心配でした。  

       ヘミシンクでの体の感覚の変化はありましたが、

            視覚に関しては限 定的で、 

       ガイドと呼ばれる存在を視覚認識しているのか、

            分からな かったからです。

       でもセッションが始まり、ヘッドフォンをつけ、

     ヘミシンク音源を聞きながらタイさんの音声誘導により、

        そこから ただ眼つむっていて暗い景色から 

     自然とにじみながら見えてくる感覚がし始めたのです。

          自分が前世で属していた世界、

      1回目は昔は 女性で尼さんだった過去生をみたり、

     今度は中世イギリスの騎士だ った自分の過去生が見えて、

          これが本当かどうかは別として、

       そういった映像が見れたことに驚きでした。

    でも単なる想像だったとし ても、細かいその時のいきさつ、

          見えるビジョンの輪郭が、

     ただ空想する感じと違っていたという事に驚きました。

     その過去生での自分 の一生涯を見れた事に喜びを感じ、

      そこから、ガイドにも会うこと ができるようになり、

        いろんなフォーカスでの世界が見えてきて、

      もっと深く現世と違った世界を感じてみたいと思い、

        タイさんのセ ッションに集中し始めました。

       F21この世との境界線と27の宇宙意識との

         中継地点での経験も 得ることができ、 

         自分の目標の現実世界での気づきと、

     ヘミシンクでの経験による第6感の開花をさらに目指すため、 

    1年目を終え、 2年目もリユニオンコースを受ける事にしました。

         2年目では各フォーカスでのビジョンも、

ガイドとの交流も得るこ とができるようになり、

 C1から21、そしてF27に向かうとき、 

ビジョンとしてF10 神社の鳥居前の階段、 

F12は階段を上がりきって二つ目の鳥居をく ぐって、神社の建物前の庭、 

F15は神社の神殿の中に入り18では 神殿から裏庭に出て、 

また鳥居をくぐって階段を上がり、 F21に山の中腹の高原に出て、 

そこがあの世とこの世の境界線で広い高原には
各ヘミシンクなどを
経て拡張意識により、 

肉体から解き 放たれた人たちが集まる建物があり、 

高原の奥の方には大きな川が あって橋が架かっている場所、

あちら側に向かう人たちが集う場所 を見ることができました。

まだ亡くなっていない人間がそれ以上の レベルに行くのなら

そこの高原から山の頂上に上がる道に進み、 

F27に至ると頂上付近に近い所にひらけてる場所があり、

個人個人視 覚化できるものは違いますが、

僕は大きいドーム型の展望台にも見 える宇宙船がそこに停泊していて、

 そこに甲冑を着たようなガイドの宇宙人がいつも出迎えてくれました。

その宇宙船には僕個人の部屋が用意されていて、

その部屋には自分を癒す

 近未来SF映画に出てきそうなカプセル型の治療装置があり 、

そこに来た時にはいつもそこで、自分を癒したり、

 宇宙意識に向 かう為のエナジーを自分に満たすつもりで

入っていたことを視覚化 していました。

タイさんのセッションで宇宙に漂って、 

そこで宇宙意識を感じたり 、ガイドよりも高次な存在と交流したりと、

 単なる空想だけではない、現世ではない異次元、

 高 次な世界を垣間見ることができたと思います。

うちに帰ってきても 、
自分でヘミシンクをすると以前よりも感覚が研ぎすまされて

ヘ ミシンクをしてる時に、平常時、部屋では聞かない音だとか、 

霊的 な存在?ガイド?の声を言っていることは聞き取れませんが、

 囁きを聴いたのかもと思うことがありました
(ゴーイングホームのCDではなく)

タイさんのセッションで 得れた貴重な経験に刺激を受け、

家でも継続的にやってみようと思 うのですが、

日常に帰ってくると、
日々実生活でしなければいけな いことに追われ、

仕事から帰ってきてやろうとか、
早く起きれたと きにやろうとか思っても、

  ヘッドフォンをつけてヘミシンクを聞こ うと思うと、
そこでやる気がうせてしまいます。

タイさんのセッシ ョンで貴重な経験を得れて、

 とりあえずやってみれば何かしら経験 できると思うのにです。

  タイさんに知り合えて、 

   自分が求めていた感覚に少しでも感じれた 幸運に感謝しつつも、

僕にはまだそれ以上の次元、
感覚を開花するのには力不足なのかな と思いました。

   こうして2年間TSTのリユニオンコースを終えて、

  タイさんに巡 り合えた幸運、たぶんガイドの導きだと思うのですが、

    その運に感謝しながら、
次はアドヴァンスコースと個人セッッショ ンを受けながら、

  タイさんの指導を続けさせて頂いて、愛の宇宙意 識をもっと感じ、

 自分一人でも愛の宇宙意識が僕に望むこと、

   この 現世での僕の役割に気付いて行けるよう頑張ろうと思います。

タイさん、この2年間有難うございました。

  そしてこれからもご指 導頂けますよう宜しくお願いします。

(2016リユニオンコース 東京 Tさん 男性)

=============================

2016リユニオンコースを終えて

2016年はキャンセルもほとんどなく
通うことができました。

しかし日常生活に追われ、自宅学習はあまり
出来ず、自己嫌悪に落ち入っていました。

後半から気持ちを立て直し 「ヘミシンクを楽しもう!」と、
その時の気分で色々なセッションやマインドフードなどを聞くことで
少し進歩が見られるようになりました。
リモートビューイングでは成果が出せたと思います。

亡くなった息子からの応援も感じられました。

つながりの感覚もなんとなく理解できました。

でも、もっと確かな感覚での知覚をしたいと思っていましたが、
それは無理なのかなぁと諦めムードでいました。

その気持ちがヘミシンクに熱心に取り組めなくなった
一番の原因だと思います。

けれど諦めたらそこでおしまいだと思い直し、
ライフワークとして、コツコツと取り組んでいこうと決心しました。

来年度からもどうぞよろしくお願い致します。

(2016リユニオンコース 千葉 Sさん 女性)

=================================
ドルフィン・メッセージクラブに参加して
Taiさん、今日は、大変お世話になりました。
お彼岸の時期に、自身の誕生日を前に感動の1時間半を過ごせて、

最高のプ レゼントを頂いた気分でした。

事前のメッセージには、思い出すことや、気がついたことが沢山ありました。

やはり、気になっていた夫に繋がるものだったのでしょうか⁉︎

そして、5年振りに二人揃って、飛行機上空から眺めたアジアの地に降り立ち、

夫と思い出深い素敵な家に帰り、慣れ親しんだ街並みや友人を訪ねたように感じました。
夫と切り離すことの出来ない、大好きな畳、肘掛け、自転車、お醤油、
しっかりたっぷり食べる姿、花瓶にバッグ、
元気の出るオロナミンCに下手なスマイルの絵、

どれもが懐かしく、胸がいっぱいになりました。

夫からのメッセージを頂き、
また伝えて頂けたことを心から感謝します。

温かく 褒めて勇気付けながら子供達を豊かに育て、家族を一番に守りながら、
仕事や目の前のことに真摯で懸命だった夫そのままでした。
そして、向こうでまたまた「段取って」くれるとのこと、

私達をずっと見守っていてくれる約束、夫らしくて…笑いが込み上げました。

タイさんの素晴らしい才能と限りない優しさがあるからこそ、
こんなに温かく爽やかな対面をさせて頂けたと思っています。

自分の人生、後悔のないよう、やりたいことにチャレンジしながら
楽しく頑張っていきたいと思います。しっかり美味しいものを飲んで食べて‼︎
心から心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
 (ドルフィン・メッセージクラブ 東京 Uさん)
====================================
ドルフィン・メッセージクラブに参加して
先日はドルフィンメッセージクラブにて、
大変お世話になりありがとうございました。
あれからも毎日ヘミシンクで夫に会いに行き、普段の生活でも話しかけ、
夫の声が聞こえているような気がします。
Taiさんから、私が夫の死後暫くお寺に通っていたことや、
普段食べているものを夫が知っていたことを聞き、
夫はいつも私の側に居てくれることを嬉しく思ったと同時に、
その時それに気が付かなかったことを
とても勿体ない事だと思いました。
これからもっともっと夫の存在が
感じられるようになりたいと思っています。
(ドルフィン・メッセージクラブ 静岡 Mさん)
====================================
==============================
私が2015リユニオンコースに参加したのは、
ヘミシンクを聞きだしてから1年半程たった頃でした。

僅かながら体験らしいものが感じられてきたもののまだ半信半疑で、
それを確かなものにしようとセミナーに参加したりもしましたが、
多くのセミナーは目的別でどれを受けるべきかよくわからず、
かといってトータルに学べるモンロー研プログラムは1週間の泊まり込みで、
なかなか時間的にも予算的にも難しい・・・
そんな中で知った月に1回ずつ1年間を通して順序良く学べるTSTの年間コースは、
まさに私が求めていたものでした。

こうして1年間受講してみて、そのプログラムの見事さに驚かされます。
1年前に私が目標にしていたのは、
ガイドと出会うことと死後世界を知ることです。
そのどちらも達成はしましたが、それは想像とは全く違うものでした。
私が思い描いていたのは、
物質世界の延長線上にある死後世界、
そして人間と同様の人格的存在であるガイドで、
それはヘミシンク中の体験にも言えることでしたが、
郷に入れば郷に従えと言うように、
非物質世界を知るにはそのための知覚を開発する必要があり、
その見方、聞き方を学ばなければ、
非物質世界を知ることはできないのだとわかりました。
新しい体験をしようとしているのに思い込みの想像を行っていた私は、
タイさんに導かれていつの間にか起こるまま、
感じるままに任せられるようになり、そうしてみて初めて、
本当に微かなサインに気付くことができました。
今考えれば、そのサインは以前からあったのでしょう。
でも、私は非物質世界を探索するつもりで物質世界のサインを探していたので、
気付くはずがなかったのです。
『非物質世界の歩き方』を知ったその先には、
文字通り想像を絶する世界が待っていました。
そして非物質世界からのサインは、
物質世界の中でも送られていることにも気付きました。
世界の見方を固定していたのは私自身で、それを手放してみると、
物質世界と非物質世界は 別々の世界ではなく、
重なり合った大きな世界の一側面でした。
ただタイさんは、
よく「物質世界でどのように役立てるかが大切」と釘を刺していました。
たしかに非物質世界がどんなに身近にあっても、
またどんな素晴らしい体験をしたとしても、
私が軸足を置いているのが物質世界なのは変わりません。
非物質世界からのアドバイスを聞きながら、
この物質世界をしっかりと生き切る事が、
私にとっての本当の学びなのでしょう。
また、折に触れて「愛、貢献、感謝」とも話されていました。
初めて聞いた時は、正直むず痒いような、
気恥ずかしいような気持ちを覚えたものです。
しかし年間コースを終えた今、
物質世界、非物質世界を問わず、
この3つがどれほど大切かわかるようになりました 。
それは他者に対することだけではなく、
自分自身に対しても、とても大切なこと・・・
というより彼我や善悪等の区別が存在せず、
一体となった世界にはそれしかありませんでした。
私の非物質世界の探索は当初の予想とは全く違う形で展開し、
その奥行きは計り知れませんが、
これからも一歩ずつ歩みを進めていきたいと思います。
最後にこの場をお借りして、タイさんに改めて御礼申し上げます。
1年間、本当にどうもありがとうございました。
そして、一緒に探索したメンバーの皆さんにも心から御礼申し上げます。
継続していく上で、仲間の存在ほど心強いものはありません。
もし私が一人だったら、とっくに止めてしまっていたでしょう。
2016年度も皆さんと探索を行える事を、とても嬉しく思 っています。
タイさん、メンバーの皆さん、来年度もどうぞよろしくお願い致します。
(2015リユニオンコース 東京 Kさん 男性)

======================================

2015年リユニオンコースに参加して

 タイさんとの“出会い”はタイさんの本「ヘミシンク探求大全」に始まります。

この参考書に巡りあうまではゲートウェイシリーズ1枚目のCDを
2週間ほど聴いては何も起きない!とブン投げて挫折する、
またトライして…を繰り返してばかりでした。

ヘミシンクは寝しなに良く眠れるCDだったわけですが、
参考書に沿って聴くコツがつかめた後は、
比較的スムースに“体験”らしきものが得られるようになりました。

でも同時にヘミシンクのブログや本を読み漁って、
自分の体験はどうなのだろうという不安感もあり、
これはセミナーなり教えてくれる人に基本から教わった方が
早いに違いないと思っていた矢先に
これまたタイさんのブログで年間コースがあることを知りました。

知った時期は秋口だったので、
4月スタートまで待ってワクワクしながらの参加です。

年初に建てた目標は
「ガイドと言語的なコミュニケーションが取れるようになりたい
(映像オンリーのやり取りしかできませんでした)」
「レトリーバルが出来るようになりたい」
「高次フォーカス世界に自由に出入りしたい」
「トータルセルフにアクセスしたい」
「過去生での因縁に決着をつけたい
(実弟と黒い因縁があるのは既に視えてました)」
などでした。

年間コースに一度も休まずに参加した達成度としては五割くらいでしょうか。
どれも出来るようになりましたけど、あくまで入り口に入ったぐらいの感触で、
まだまだ奥深いところには到達していない感じです。

むしろ、
年間コースでの最大の学びは地道にコツコツとCDを聴き続け、
必ず記録を取り、現実世界とのフィードバックを確認して
一歩一歩進んでいくことの大切さにあると思います。

ヘミシンクでガイドから得られたメッセージが
ふと目にした本の内容とリンクしていたり、
とCDを聴いている以外の時の方が気づきは多いくらいかもしれません。
日々起こる出来事、自分や周囲の人の感情の揺れ動き、
ふっと思いついたこと、これらすべてヘミシンク体験だと腑に落ちたら、
“体験”が進むのは速いでしょう。

年初の目標も、建てた時は遠い目標だったのに、
いざ出来るようになると拍子抜けするくらい
“出来て当り前”になってそれが日常になります。
一歩一歩着実に進んだ成果が「出来て当り前」なのは当然かもしれません。

一足飛びではなく、日々修練を重ねることが
実は最も早くて確実な達成方法なのだと、今更ながら思います。

後は、参加した皆さんとの体験のシェアの効果ですね。

自分の体験、人の体験、それぞれ違いと共通点があり、
分かち合うことで理解も深まりモチベーションも維持できます。

それに毎月顔を突き合わせることによって出来上がる
運命共同体のような一体感と絆は素晴らしいです。

この一体感を手放すのが惜しくて私は2016年度も年間コースに参加します。

2015年度のメンバーほとんどが
また2016年度に参加しますので、すごい安心感です。

旅の仲間がいればどんな遠くへも一緒に旅が出来るでしょう。

タイさんという船頭に率いられた同じ船に乗って、
私たちは2016年度も新たな旅に出発します。

タイさん、2015年度のメンバーの皆さん、
1年間ありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いします。

(2015リユニオンコース 東京 Kさん 女性)

====================================

4月からの年間コースで、私は8月からの途中参加でしたので、
今年はあまり多くは求めず
どんなものか見るだけで良いと思い参加しました。
10年前に一度へミシンクセミナーを受けましたが、
まったくなんの体験も、ありませんでした。
他の参加者5人も体験出来ていなかったようでした。
私は、続ける意欲を失いました。
3年前に母を失い、タイさんのご本2012を読んで、
母に会えるかも知れないと思いました。
今回は、1回目からビジョンがあり、
これがそうかと、手ごたえを感じることが出来ました。
意味はわからなくとも、毎回違った、体験を得られました。
母にも会えました。
なんと銀色に輝くUFOも現れました。
こう書くと順風万帆のようですが、
私はグループでは、最下位の出来で、
人と比べないことと、毎回タイ先生に怒られます。
私は私より素晴らしい体験をしている方が
たくさんいらっしゃる方が嬉しいのです。
なぜなら、これから、私の進む道が、保障されているからです。
来年度はレトリーバルを勉強し、
何かの役にたち、へミシンクを友達にひろげ、
帰るときまで有意義な人生になればと思っています。
タイ先生、不出来な生徒を
暖かくご指導していただきありがとうございました。
来年度もよろしくお願いします。
(2015リユニオンコース 埼玉 Oさん)

================================

せっかく年間コースを受講したのに去年は半分ぐらいしか
受講できなかったので、一念発起して再チャレンジ。
今年一番の収穫は、
息子がガイドについていると自覚できたこと。
何度もヘミシンク中で会うことができました。</ div>
ただ、グループエネルギーの中でしか
会うことができなかったので、
自宅学習中でも会えるようになるのが来年度の目標です。
二番目の収穫は日常生活に何かしらの導きを
感じられることが明らかに増えてきたこと。
たまたま降りたホームで見かけた小さな展覧会のポスター。
これは息子と私が好きだった、
エリック・サティの時代展でした。
大々的に宣伝しているものではなく、
目についたところにちょうど降りたということが
まさに導きだと思いました。
このような不思議なことが去年にも増して増えてきました。
ただ一つだけ達成度が低かったのが
もっと明晰夢がみたかったのに、一度しかみられなかったことです 。
しかもそれほど明晰ではなかったのが残念。
おととし見たような体感までできるような明晰夢を
コンスタントにみられるようになりたい。
これは来年度の目標にします。
今年一年、どんな時にもポジティブに励ましてくださったタイさん。
そしてヘミシンク中に息子に会えた!と言うと、
自分のことのように喜んでくれた仲間達。
本当に感謝しています。
また来年度もよろしくお願いいたします。
(2015リユニオンコース 千葉 Sさん)

=============================

2014 リユニオンコースを終えて

タイさん、メンバーの皆様、1年間お疲れ様でした。
そして本当に有難う御座いました。
あっという間の1年間でしたが、振り返ってみると、
自分には2つの大きな変化が有ったように思います。

 まずは、フォーカレベルの高い領域に触れることが当たり前になったこと。
独学時はF10とF12の往復ばかりで正直行き詰っていました。
それが1年間のプログラムを通じて、
無理なく自然に絶妙にタイさんに引き上げて頂き、
F21はおろか、F27、そして宇宙意識の領域に
触れることが普通の状態になったのは、
この1年間の最大の収穫と思っています。

「そんな高い領域は無理だ」
と自ら心の壁を作り上げていたのを、
辛抱強く丁寧にタイさんにご指導頂いたおかげで、
打ち破ることが出来ました。

 もう一点は、
ヘミシンクは五感で感じるものだと気付いたこと。
1年間のコースの途中で、CDを単に聴くだけでは限界が有ると感じていました。
CDを聞いていれば何とかなると思っていましたが、何ともならない。
CDは気軽に取り掛かれるので、つい惰性で聞き流したりしても、
やった気になるのがかえってよくないと悩んでいました。

最近のキーワードである「本気で取り組む」という観点から考えると、
私の場合、モンロー氏やロザリンド・マクナイト氏、
坂本氏の本が一つの切掛けとなったように思います。

書籍を通じて、地球の多次元意識や愛の宇宙意識と繋がることなど、
「ガイドが本当に伝えたいことはこういうことだったのだ!」と分かったことが、
その後のプログラムを受講する上で大変重要であったと、
後から振り返って思います。
CDを聞き、本を読み、現実界で受取る練習を実践して、またCDに戻る。
このサイクルを繰り返しながら、
聴く、読む、書く、感じる、視る、味わう、触れるという感覚を総動員することで、
少しづつ前に進めたのではないかという実感が有ります。

 プログラム開始時には、
目的を「ガイドに会う、過去世を知る、ハイアーセルフに会う」と設定していましたが、
これらは単なる手段にすぎず、
「ガイドに会い、過去世を知った上で、何をしたいか」
が重要であると気づきました。

個人差はあるにせよ、ガイドや過去世や宇宙の知覚を通じて、
「精神的にも、物質的にも、豊かになりたい」というのが
メンバーの皆さんの共通認識・共通目的なのでは無いでしょうか。

あとは、より精神性を追求するのか、
物質世界を充実させたいのかの違いが有るくらいかと思います。

私の場合、若干精神性に寄っていて、ヘミシンクを続けるのは
「霊性を高めて人間性を磨き、善意と慈愛溢れる、立派な人間になりたい」
というのが目的であると段々分かってきました。
ガイドからメッセージを頂くのも、過去世を通じてカルマを知るのも、
地球意識や宇宙意識に触れるのも、全てこの目的に繋がっています。

その観点から申し上げると、現在の進捗度は未だ30%にも届きませんが、
終わりの無い旅がやっと始まったとも言えます。

最後に、ここまで来れたのは、
皆さんとご一緒させて頂いた場のパワーが大きかったように思います。

シェアを頂く中で、自分の知覚と似ていて体験に自信が持てたことも有りましたし、
メンバーに触発されヘミ一行日記を始めることも出来ました。

1+1=2+αに出来たのは、皆で悩み、語り有ったことに対して、
ガイドが相互に影響を与え合い、力を与えてくれたからだと思っています。

これにタイさんの指導が加わって、
独学の10倍以上のスピードで学びが進んだのではないでしょうか。

これからも皆さんとご一緒させて頂き、
楽しみながら、助け合いながら探索を続けて行きたいと思います。

本当にこれまで有難う御座いました。
そしてこれからも宜しくお願い致します。

 (2014 リユニオンコース Hさん)

===========================

2014.4.19から2015.4.18のまるまるの一年間、
誠にありがとうございました。
実に充実したセッションでした。

4.19時点の私。
会場のある駅に降り立った私が今日の私を想像し得たでしょうか。
とてもとても。

その想像の域を超えている今の自分をありがたく感じています。

さて、この一年間は、
飛躍的進歩に加え、加速度的な進捗でありました。

2012人生のどん底にあり不安と恐怖の毎日。
ヘミシンクCDとめぐり会い、
いろんな方の著書の中からTAIさんの存在を知りました。

すぐさま、気づきを目覚めさせたい。
いろんな方がいっている悟りとか本来の自分とか、
そういう長年の悩んだ謎を解明したい。
一年間続けたらどうなるんだろう。解釈できるようになれるんだろうか。
いろんなことを想い、2014リユニオンコースを申し込みました。

セッションは問題なく素晴らしいものでした。

帰ってきて1カ月間は、
セッションを復習し消化吸収するのにやっとこさでした。

収穫はいろいろありますが、
なんといっても、心のブロックが外れたことです。
声なき声が聞こえ、音なき音が聞こえ、
ブロックが剥がれ落ち、本来の自分が現れた瞬間です。
(気持ち的にたくましくなったという感じですね。)

セッションはそれに留まらず、
地球のコア、宇宙意識、ETにおよび個人的な悩みを超え
大きなものへのアクセス。
「本来」、「本当の私」、
「地球を守るETたちの愛」が感じられました。

素晴らしい体験の数々。

「一年間続けてよかった!」というのが素直な気持ちです。

 今後は、「根本へ旅」を体験したいものです。
そこには、誕生のルーツ、旅の目的、ゴールがわかり、
それを大事に次の人生を生きていくんだなあと思います。

以上が一年間を振り返った感想です。

TAIさん、メンバーの皆さんに
心から御礼と感謝を申し上げます。

また、いつかお会いできる日まで。さようなら。

(2014 リユニオンコース Sさん)

==========================

リユニオンコースに参加した目的のひとつに
ガイドとの繋がりを強固にしたいというものがあったが、
いまいち姿もはっきり見えないしその存在も感じられない。

とはいえメッセージをもらうワークでは
しっかりイメージは伝わってくるが、
それが何を意味しているかは未だに不明。

マニュアル通りではなかなか進展が得られず
モチベーションも保てなかったそんな時に、
タイさんからの熱いカツをいただき
いままでのやり方を切り替えることにした。

自宅では「今必要な体験を与えてください」
というアファメーションに切り替えたら
期待していなかったような体感を得られるようになり、
毎回飽きずに今日はどんな体験があるのだろうかと
楽しみにもなった。

ガイドの姿は相変わらず視覚化できなかったが
ハートでその存在の気配を感じ取ることができた。

頭を使うとどうしても期待という制限がかかってしまうので、
それを一旦止めてハートで感じるように意図してみたが
それが体感を得られる糸口になり成果を得られるようになった。

あと実際にワークをやってみて興味をひいたのがレトリーバルだ。

とらわれている人をはっきり知覚できたが
それをレトリーバルするところまでまだできていないので
今後の楽しみである。

コースセミファイナルで
ヘミシンクの目的を見失った私に対してタイさんは情熱的に
この年間コースの意味、想い語ってくれた。

そこから気持ちを切り替えて
自分なりのやり方をやってみたら本当は何を求めていたかが見えてきた。

すばらしい仲間にも恵まれたリユニオンコースは終わってしまったが
ヘミシンクはここからがスタートラインのような気がする。

最後まで私たちになんとか体験を掴ませようと
辛抱強く見守り導いていただいたタイさんに感謝です。

また毎月会うのが楽しみだっが仲間がいたので1年間やってこれました。

ありがとうございました。

(2014 リユニオンコース Iさん)

==========================

「近いうちに目標達成度を数字で表す事になるから考えよ」

とガイドに言われていましたが点付けはなかなか難しい作業です。
ですがガイドとのやり取りの中で
「今の自分に100点を与えよ」というメッセージが来ました。
しっかりとできていても全くできていなくても、
その全てが体験である、と。
さぼってしまった自分というものも、
体験なのだと知れば経験値となるから。
なるほど、では「現時点の100点」ということにして。
そして、それとは別に進捗状況はしっかりと見つめてみたいものです。
☆初めに立てた「一 年後の到達目標」に対する達成度☆
①ヘミシンク技術の向上(ガイドとの交信・時空探索)…60%
②日常の全てがそうであるようにすること…60%
③宇宙レベルまで拡張すること…40%
何しろ、やればやるほど広くて深い世界なので、
どの方面も少しかじった程度でしかないのだという事を知らされました。
しかし始める時に目標を掲げたことは大きな意味がありました。
一年間その方針は変わらずにいます。
あるいは当初のまま、まだ次が見えていないのかも知れませんが。
☆一年間の成果☆
こんな技術が身につきました。
・レゾナントチューニング落差テクニック
・TAI式リーボールイメージの確 立
・フォーカスレベルのエネルギーの違いを察知
・救出活動が自分にもできた
・自分のスペシャルプレイスがいつでもしっかりとある!
こんな理解に至りました。
・見ることにこだわらない。
感じる、わかるを大事にしていくと見えてくるものもある。
・本当の本気で取り組む。願いも感謝も反感も、思いきり出し切る。
・信じる。疑問は不要。導かれている。
護られている。自分の思っている百倍も。
さらに。
セミナーの最中だけではなく、
日常の全てにおいて向かっているところは同じなのだ
という事が生活の中で見える様になってきました。
点と点がじつは線上のものであったということを何度も知らされました。
小さい。あまりにも個人の嗜好など小さい。
そんな事に囚われている場合ではない。
そして、
一年を通して取り組むこと自体による成果は
思いのほか大きかったようです。
トレーニング意識をなんとか維持する事ができ、
トレーニング中である日々のいろいろな経験を通じた
一年間の末の境地に立てる事などは始める前には想像などできません。
これは今後の自分にとって大きな後ろ盾となるでしょう。
単発セミナーに幾度通っても絶対に得られることはなかった物を
自分はついに手にしました。
最後に、分かっていることですが改めて書きます。
共に励む仲間の存在が
上達の一番の秘訣であると断言してしまいます。
このような稀有な分野に関しての
情報交換や共感ができる仲間とは
まさにC1のリアルガイドなのだと思います。
一年間の終わりにあたり、
数々の本に書かれている事や先輩達の言っている事の意図が
本当の意味でようやく見えてきたように感じています。
TAI様、そして共にいてくれた物質、非物質の皆様、
一年間ありがとうございました。
もう、そしてやっと、自分はステップアップします。
これからは早いですよ。きっと。
たぶんね!
(2014 リユニオンコース nさん)

===============================

一年間、ありがとうございました。
参加者のお二人からのご縁を頂き、
皆さんから遅れての5月からの参加となりながらも、
こうして皆さんとご一緒いただけたことに感謝します。

今回のリユニオンコースでは、3つの目的がありました。

①グレートサムシングとの接触
②地球外生命体との交信
③ガイドとの交信

そのうち、②については進捗率は0%、
③に至ってはガイドの存在をF15において、男女、中性的存在まで認識し、
何人がガイドとして存在するのかを認識しすることができたことによって、
コース以前に交信していたガイドは実は
ガイドではなかったことに気付き-10%となりました。

しかし、後ほど記載しますが、
①については10%程度進めたのではないかと思っています。
全体的には±0となりますが、ここからはまた始まりだと考えています。

今回のコースでは、2か月に一度はある画が見えていました。
それは「眼」でした。
それらは全て人間的ではなく、獣のような目であったり、
眼球が宇宙のように黒く染まったような碧眼であったりとしました。

そして最後の5つのメッセージでは2番目、1番目に
重要なメッセージでは2回も、眼を見ることになりました。

2番目は白い獣のものであろう金色の眼。
1番目はとあるハヤブサのキャラクターでした。

その際、Taiさんからはそのキャラクターが暗示する物を
その暗示も眼に関するものであり、その意味を教えていただきました。

自分では辿りつけない、
けれどその時、そのタイミングで必要な情報に導き、
自分なりの解釈を行うようにその道筋を示す。

その巧みにTaiさんのトレーナーとしての
素晴らしさの一端を見た気がしました。

そしてその道筋にこのコースの前半で教えていただいた
「眼」が象徴する物を思い出し、
ずっとトータルセルフに接触できていたことに気づかされました。

そのトータルセルフの向こう側には
①で求めていたグレートサムシングが存在し、
微かではありますがその末端とはいえ、
触れることができていた。

このファイナルでの気づきは,
このコースを一年間受講して本当に良かったと思えるものでした。

「眼」からもらったメッセージはきっと数年程度では
すぐに答え合わせができないものであると思います。

しかし、このメッセージが私にとって重要であることは
感じることができました。

この体験も含め
どうしてもヘミシンクでの体験はシンボリックなものが多く、
腑に落ちるまでそこからの読み解きが必要となるため、
これからも多くの経験と実践が必要になるだろうと思っています。

しかし、
大本は同じでも花も実も個々が存在し、
時に交配によっては違う種もなる。
けれど実りであることは間違いなく。
他の方とは違う方法での体験でも自分は自分。
自分なりの体験方法、その道を作っていく過程を味わい楽しむ。

最後にTaiさんのガイドからのメッセージからも
その背中を押していただいたように思います。

Taiさんの適切な導きがあってこそ、
こうして自分で考え、行動し、
そして実践することが出来たのだと思います。

そしてガイドの導きがあってこそ、
こうして自分が存在するのだと。

本当にこの一年間、ありがとうございました。

心からの感謝を。
Taiさん、このリユニオンコースで共に探索した皆さん、
そしてガイドたちに。

そして、これからも不肖の学徒でありますが、
よろしくお願いします。

(2014 リユニオンコース Tさん)

=============================

TSTリユニオンコースに参加するきっかけは、
スカイプセミナーでした。

お世話になっている占星術師さんに
無意識の探求をする事として、
ヘミシンクが向いているのではということと、
スピリチュアル系メソッドをやるとシンクロが起きて面白い、
ということを教えて頂きました。

その事に加え、まるの日さんのブログで
「TSTで受講して体験がすすんだ」と書いてあるのを見て、
独学でやっていたのを、
スカイプセミナーを受けてみようと思い立ちました。

その体験は自分の人生の中で
かなりショックを受けた(いい意味で)事件となりました。

突然、幽体離脱やはっきりしたビジョンが見え、
願望がものすごい精度で叶い出し、
無理だと思っていた理想の住まいを手に入れました(賃貸ですが)。

その住まいは特殊なデザインで屋上がついており、
まるで天から降りるような白い階段がついていました。

まさにこれはガイドからのメッセージだと思いました。

他に驚くような精度で偶然の一致がありました。

今でもあれは何だったのか?と何度も考えますし、
ヘミシンクに本格的に向うきっかけとなりました。

そのスカイプ体験がきっかけで、
リユニオンコースに参加する事になりましたが、
今度は仕事の面ではガラガラと根底から崩れていくように
思うように行かない厳しい年となりました。

今までのやり方では立ち行かなくなり、

自分に何ができるのか、
何をするのか、
仕事に対する態度、
を根本から考え直さなければならない状況になりました。

自分の年齢もありますし、
ガイドの意図?があったのか知るすべはありませんが、
試行錯誤、チャレンジや挫折、
自分から苦手な事に取り組まなければならない厳しい1年でした。

正直C1が大変で余りヘミシンクに集中できない時もありました。

しかし、
毎月のクラスは本当に良いメンバーでリラックス出来、
良い気分転換、癒しの時間になりました。

自信を失ったときも、
成長していくメンバーの姿に勇気付けられました。

ヘミシンクでは投げかけを行って、
C1でなるべく積極的に動きました。
(動くしかありませんでした)

はっきりした答えが返ってくることはあまりないのですが
(今ではそれが良かったのかなと思います)
ちらほらと体験もあって、今から思えば見守られていたんだなと思います。

仕事に関しても、毎月食べていければいいや、
と考えていて、野心などは余りありませんでした。

この1年で自分の名前に責任を持って、成功したい、
地元の役に立つ仕事がしたいそう思うようになりました。

今でもこの家で過ごす一瞬一秒、
この土地やヘミシンクで出会った人々、
この家で創作したもの、
あの時TSTスカイプセミナーに申しこまなければ、
全てがなかったのだと考えると、不思議な気持ちになります。

ちょっとしたきっかけで人生は大きく変わり、
そのきっかけは日常に降り注いでいる。

それに気づくか、気づかないか、、
その精度を上げていけば、
人生はワクワクする方向に展開していく。

他人の意見を気にしているとその精度は落ちてしまう。

自分で決めて行動したなら例え上手くいかなくても、
何かを学べる。

大切なのは、自分の直感を信じ、磨くこと。

そして今までそれを曇らせているブロックがあるのなら、
気づき、はずしていく事。

ヘミシンクはまさに「自分の中の神」を磨いていくツールなんだな、
と思った次第です。

これは最後にタイさんがくれたメッセージの答えだとも思います。

タイさんの依存させず、
本人の気づきと選択を勇気付ける抜群のサポートバランスも
流石と思いました。

ここまで書いて、
とにかくC1での実践をガイドに迫られた1年間だったなあと思います。

この1年のメンバーの変化もすばらしいですが、
きっとそれが種となって、更なる大きい変化につながっていき、
同心円状にそのエネルギーが広がっていく事と思います。

継続して変化は続いているので、
また報告が出来ればと思います。

ある本に「ヘミシンクは人生」とあって、
なるほどなぁ、と思いました。

引き続き、長い旅となりますが、何卒宜しくお願いします。

 (2014 リユニオンコース Yさん)

===============================

1.まず、タイさんの的確なアドバイスに導かれて、
無事に一年間を修了できたことを感謝いたします。
そして、仲間の存在が大きかったこと、
仲間のシェアにどれだけ刺激を受け、励まされてきたか、
後半になるほどシェアから受ける影響度が大きかった、
と改めて思い知らされています。
ヘミシンクの自宅学習、願望実現への取り組み方など、
持続力、忍耐力のなさが露呈されて、
後半モチベーションの下がることが度々ありましたが、
メンバーのシェアや取り組む姿勢をみて、
自分の姿勢を反省させられてきました。
2.探索を重ねていくにつれて、
帰ってくる現実世界での生活を大切に生きる事が大事だと
改めて認識させられました。
3.この一年を簡潔に集約すると、
霊能力と霊性ということかな、と思い至りました。
何回ものセッションを体験し、
ガイドさんやトータルセルフに会って
様々なメッセージを受け取る能力を磨いてきました。

それらのメッセージは、一つ一つ納得のいくものばかりで、
自分の内面をみつめるものでした。

それらのメッセージから気づきをたくさん得て、
自分のものとして消化することで、
また機に応じたタイさんのアドバイスを受けることで、
結局霊能力を磨きながら
同時に霊性を高める途に導かれてきたのではないか、
と考えるようになりました。
”あなたはご自身が考えているよりも、はるかに大きな存在です。”
Going Homeの冒頭の言葉に集約されるように
その大きな存在を把握するための今は道半ばであると、
改めて気を引き締めてアドバンストコースに
進みたいと思います。
それも、楽しみながら (^^♪
タイさん、
これからの一年間も、
舵取りをどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
(2014 リユニオンコース Tさん)
============================

●「ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース」を終えて

■はじめに
はじめに、この場をかりまして、タイさん、参加者の皆さん
一年間ありがとうございました。

福岡のセミナーは全体を通じて物静かな雰囲気で、
自分の嗜好にも合っており、毎回が楽しみなセミナーでした。

いまでも、本当に一年がもう過ぎたのかと疑問に思うほど
時間の経過が早く感じました。
またこのような時間がいつか得られることを楽しみにしております。

■セミナーでの個人的目標の達成度について
セミナーを開始するに当たり、自分の目標を立てましたが、
その目標達成度を確認しました。

個人的目標達成率 56%(平均)

この値は低く感じるかもしれませんが、個人的には十分な値です。
数十年来、変わってこなかったものが、たったの一年でこれだけの
変化があったこと自体驚きです。
(まあ、まったく変化がなかったものもありましたが)

個人的に思うこととしては、ヘミシンクは、外科的にな治療
(患部をきりとってしまうような治療法)のようなものではなく、
内科的というか、漢方薬的(いつのまにか効いている)
のようなイメージでした。

実際、個人的な目標に掲げた自分の改善したい点については、
一年たった今、いつのまにか、和らいでいるのを感じています。
この点だけでも、十分に成果があった一年と思います。

■ヘミシンク体験について
セミナーでの個人的なヘミシンク的な体験はどうだったかを
振り返ると以下にようになりました。

○ヘミシンク中のイメージ把握
自宅でヘミシンクをやっている場合、イメージ的なものは、
調子がよいときになんとか見れる程度でした。
しかし、セミナーでは、8割程度は何らかのイメージが
確認できました。(クリックアウト時のぞく)

セミナーでは、周りを気にする必要がなく、
準備のプロセスが行えるのが良いのか、
グループワークの力なのかわかりません
が、自宅で行う場合との差が大きいのに驚きました。

 また、自宅で行っていた際は、風景ばかりで、
人が見えることは、あまりないのですが、セミナー中は、
人がよくでてきました。また、人の顔もはっきりとみえる場合も
ありました。(自分の顔が見えたときもありました。)
ただし、毎回いろんな人がでてくるので、誰がガイドなのか?
かという具合で、なかなか、確証を持つまでいたりませんでした。

少し残念に思っている点は、イメージに自分からの
働き かけができなかったことです。

タイさんは、シェアの時間に何か働きかけてみましたか?
と都度おっしゃっていましたが、
どうしても、イメージを見ることを維持するのがやっとで、
働きかけまで、意識が回りませんでした。
今後の課題としています。

○他参加者とのシェアについて
ヘミシンクを聞いた後に、各自が体験をシェアを行いましたが
その内容に自分が体験したこととの類似性があることが、
わりと頻繁に確認できました。
また、ヘミシンクの体験ではありませんが、シェア中の
話の内容に自分に当てはめて納得できること、
共感できること等も多々あり、充実した時間でした。

また、自分ひとりでヘミシンクをやっていると、
その結果を判断しにくいのですが、セミナーの場合、シェアを通じて、
自分では気づかなかった点や、他の人のシェアの中、会話の中に
わりとヒントになることがちりばめられていることが
多々ありました。

個人的には、このシェアの時間が、
セミナーに参加して一番良かった点です。

○苦手フォーカスでの体験
個人的には、フォーカス15はものすごく苦手にしていました。
自宅ではこれまで、体験らしい体験をしたことはありませんでした。
(単に重い、くらい空間にいる感覚しかありませんでした。)
しかし、セミナーでは、わずかではありますが、
イメージを認識できました。(過去世は確認できませんでしたが・・・)

○洗い出しについて
このセミナーを開始する際、タイさんが、意識の洗い出しが
数ヶ月目に起こってくるといわれていました。

最初に聞いたときは、特に意識もせず、
そんなものかと思っていましたが・・・。きました。
かなり個人的にはまいりました。
自分に問題点があるから発生するとは頭では理解しようと
考えてはいましたが、本音で言えば、
あまり経験したくないものです。

○クリックアウトについて
自宅でヘミシクをやっている時は、
あまりクリックアウトしないほうだと、自負していたのですが・・・。

全11回のセミナー中、食事後の一回目は
100%クリックアウトしてしまいました。

最初は、いろいろと抵抗してみましたが、最後のほうは、
あきらめ、無抵抗状態となっていました。
(まあ、よく人間は寝れると関心してしまいました。)

■総括
最後に、この一年間の感想ですが、

「セミナーに参加して良かった。」

の一言につきます。

ヘミシンク的にすごい体験をできたとかではなく、
自分の内面の変化が多少でも実感できたことが
一番良かった点です。

 もちろん、その変化が一時的なものになるかも しれません。
今はまだ、十分な確証はないのですが、その変化が、
全てなくなることはないとも思えています。

以上、まとまりもなく書きましたが、
最後に、改めまして、タイさん、参加者の皆さん
一年間ありがとうございました。
またの機会を楽しみにしております。

 (ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡二期 Kさん)

●ゲートウェイエクスペリエンス完全攻略コースを終えて

 福岡二期年間コース受講の皆様、
1年間大変お世話になりました。

2011年、私はヘミシンク歴だけは長いのですが、
長い割には核心を持てる経験(ガイドを見る・話す、前世を見るなど)が
あまりなかったため、しばらくヘミシンクから距離を持とうとしていました。

しかし2012年に入って、実生活の中で色んな出来事が起こり、
それが繋がり始めたのをきっかけに、
もう一度はじめからヘミシンクをやり直してみようかと
考えるようになりました。

そんな頃、4月から『福岡年間コース』がスタートするのを
TSTのHPで知り(これもシンクロ?)
とりあえずもう一度一通りやってみて、何か起きれば良いし、
起きなくても、そのことに固執せず楽しんでいこうと思い、
受講を申し込みしました。

受講時、スタート当初に掲げた目的は、

①楽しんでヘミシンクをする。
②もうひとりの誰かとの会話をいつも出来るようにする。
③ガイドの姿を見れるようにする

①については最初の頃『やっぱり何かを見なくては・・・』
という気負いがありましたが、
毎回の寝落ちが多かったため(半分以上寝落ち)
返って開き直ったというか、諦めがついたというか・・・
お陰で『逆に何か見れればラッキー!』ぐらいで
楽しめることが出来ました。
なので①はマル。

②については、すでに受講を始める数ヶ月前から、
それらしき兆候がちらほらありましたが・・・

これは頭の中で自問自答する内に
会話に発展していくというものです。
(未だに会話の相手がガイドなのかトータルセルフなのか判りませんけど。)

何なのかをハッキリさせたい為、
今回受講の目的として掲げました。

結果、年間コース終了後、
『会話したい時にいつでも出来る・・・』まではなっていませんが、
会話の回数が増えているような気がします。

ドコのダレなのかも今もってわかりませんが、
このやり取りが起こった時は出来るだけ手帳に書くようにしています。
普段日記など書かないのですが、
これまでの会話メモを見直してみると結構面白いので
これは今後も続けていこうと思っています。
なので②もマル。

③については受講中も今も見えていない状態なのですが
②で会話が出てくるようになりつつあるので(ガイドとは限らないが)
とりあえず三角(△)またはハテナ?ということにしました。

そして今回の受講で気づいた事・・・
それはタイさん、ノンさんのお助けをいただいたことで
ハッキリしたことなのですが

『直感やそれに付随して起きたことについて恐れを持たず、
自分を疑わず信頼し、それにノッカってみれば何の抵抗もなくうまくいく』
ということ。

こんな事はどこかの自己啓発組織でも
提言している言葉かもしれませんが、
今回、受講期間中に起こった実生活での体験で
それを本当に感じることができました。

これまでは『人生そんなウマく行くはずない。』『絶対ウラがあるはず。』
『うまい話に跳び付いたら足元をすくわれる。』などなど・・・
すべて否定的なものから感情も行動も起きてました。
(現実的自己防衛の為に)

しかしそれは上の人がせっかく用意してくれたものを
避けて遠回りしていただけのようです。
(え?近道用意したのに遠回りして学習したい?あっそう。
それでもいいよ。どうぞ、どうぞ。という感じ?)

そして現実生活の防御の為、
恐れから逃れる為に仕事に行く前などに頑強に
エネルギーバルーン(リーボール)も作っていたのですが
それも上記に書いたことに気が付けば
必要ないということがわかりました。

『起こることはすべて中立。
良いと感じる事も悪いと感じる事も人生のお勉強なのだから恐れず、
自分で出来ることをして、そして自分と上の人を信用すればいい。』

それが今回実感・体験すべき内容だったようです。

これからも自分が受け取った内容を
現実世界で良く活かせるようにしていきたいと思います。

  (ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡二期 Yさん)

 ●ゲートウェイ・エクスペリエンスシリーズ完全攻略コース終了によせて

  この年間コースセミナーでは
5名のメンバーと単発参加者と一緒にうけていましたが、
この仲間とシェアをしていくうちに段々と深くなっていく連帯感を覚え
何より素晴らしいと思ったものです。

 一番に特筆すべき事項です。

年間コース受講4ケ月前よりヘミシンクのセミナーを受けはじめ
その後 自宅での探索のとき、頻繁に出てくる里山の風景
その中で動き回る「水」は私にとってなんなのだろう?
が命題の大きな一つでした。

 ♪セッションの 度に現る 水たちは なんなのだろう こたえがほしい

 同じメンバーと毎月探索しながらタイさんのコメントを聞くうちに
現実世界での生活にヘミシンクを役立てていくことが出来ましたが、
これはとても嬉しいことです。

 なかでも「色呼吸」は自分の心身のバランス修復に役立っています。

対人関係においても 一呼吸置く余裕が多くなり
相手を見る目も公平になり結果
自分自身も素直にみることができるのは大きな利点です。

 また 自分の願いや希望がかなりすんなりと実現していってます。

そこに「努力」の文字は必要ではありますが・・・

大変さのなかでも真面目に丁寧に取り組んでいく過程には
小さな達成感がありそれが願い実現へと
繋がっていくような気がしています。

なかなかうまくいかないときは
「まだ機が熟していないのかも・・」と思うようにしていますが
現実世界では私にはそんなに沢山の時は
残されてない気がするのですが(笑)

要は、自分にあまりマイナスの負荷をかけずに
現実生活をまあまあ乗り切っていってるのは
この一年間の成果かもしれない。

何回めかのセミナーの時 ガイドらしきひと(!?)との邂逅をえました。

♪山肌の あっちこちから 吹きだした 水をみながら 涙ふきだす

 そして最期のセミナーで父に会えました。

♪しあわせか? と聞く父の声 お父さん? あの声はそう! 父そのものだ

  かな~りポジティブ志向からのコメントになってしまってます。

全くネガティブ面がないわけではなく
「・・でもほんとに私体験したのかな・・」という思いが
ないわけではありません。

 でもやはりわたしの体験だったと確信しよう!と思っています。

 その根拠のない自信はどこから来るかといえば・・

それは私自身ですら意識できてないところの「なにか」が、
セミナーの探索をする私に、そして現実生活を送っている私に
教えてくれてると感じ考えているところからきていると
思っているのです。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡二期 Tさん)

●ゲートウェイエクスペリエンス完全攻略コースを終えて

たくさんのスピリチュアル本を読み漁り、
ネットでヘミシンクに出会いました。

正直、セミナーというものがあまり好きではないので、
迷った挙句の好奇心からの参加でした。

過去世が見てみたい。ガイドに会って、話してみたい。
出来るものなら、リトリーバルもしてみたいし、宇宙探索も。

現実には、私の場合、
なかなかガイドには会えないし、過去世も見れない感じでした。

しかし、タイさんがいつも力説される、

“ヘミシンク中に起こったことはすべて疑わず、
素直に受け取って自分の中にしっかり落とし込む”

という作業を続けるうちに、
今までも、日常生活でこんな感覚を
体験し続けていることに気づきました。

私の場合、
台所でお皿を洗いながら、独り言を言っている時など、
内なる高次の私と対話しているのかなと思います。

そういう時に考えていることは、
とてもクリアに問題解決に導かれるようです。

自分を信じること。自分の直感を信じること。

そんなことが以前よりスムーズに出来るようになったと思います。

そして、ありのままの自分のことが、
以前よりちょっぴり好きになれたかな。と思います(^o^)

ヘミシンクで、トラウマとなっていた感情を手放すうちに、
夜もやすらかに眠れるようになり 夢の質が変化しました。

楽しい夢、メッセージ性のある夢を見るようになり、
とても心やすらかな気分で生活できるようになりました。

現在50代も半ばとなり、
少し前までメニエル病や自律神経失調症、
更年期障害で鬱陶しい毎日を送っていたのですが
次第に具合が良くなってきました。

自分の気持ちが変わるだけで、
こんなにも現実が変わるものなのかとビックリです。

一人ひとりが、それぞれの道を歩むためのサポートツールとしてのヘミシンク。

自分の人生の素敵な時も、つらい時も、悲しいときも、すべて含めて
いかに素晴らしいシナリオであるかを実感できるようになった気がします。

本当に日々の気づきに恵まれた1年となったことを感謝しています。

これからも、自分を信じて、わくわくすることをいっぱいみつけて、
人生を歩んでいきます !

タイさん、ノンさん、メンバーの皆さん、
一年間本当にありがとうございました !

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡二期 Iさん)

●【兵庫第2期年間コースを終えて】

ヘミシンクを始めた理由は、
『悩み過ぎて繰り返し何度もやってくる思考から意識を外すため』
『ひたすら楽しいことだけで自分をいっぱいにすること』
でした。
ヘミシンクに期待することは、
『自分が知り得ないような情報・知識を、
起きたときなどに持っていたら面白い』
と、年間コースの初日に書いています。
いかにも私らしい脱力な期待から始まりました(*^^*)
実際こんなことが自分の人生に起こるなんて
全く期待していませんでしたが、起こったんですッ!!
体外離脱とか全く興味が無かったのですが
ヘミシンクのCDを聞き始めて、
体が浮き上がる様に感じていたり
空を飛ぶ夢を見て、なんとも気持ち良かったりで、
『体外への旅』のCDを購入。
聞き始めて4日目でついに体脱成功。
しかし、体が浮き上がった後に『上か?下か?』と、
ノンバーバルで聞かれ『どっちでも』と思うと同時に
予想外の地下世界へ。
下へサーーーッと下がっていく感覚は、
今でも忘れられません。
地下世界(ローワーワールド)は、現実的に生きる力を与えてくれ、
守ってくれるパワーアニマルがいるらしい、
と知ったのは、ローワーワールドへ行って2ヶ月程後です。
先にローワーワールドの存在を知っていたなら驚きませんが
わたしはそんな世界があることも知らず、
そこへ連れて行ってくれた非物質の存在がいるのです。
非物質の存在抜きでは、振り返れません。
その後も何度かローワーワールドへ連れて行ってもらっていますが、感謝です。
ローワーワールドは、とても神秘的で綺麗な世界なんですよ。
ヘミシンクに対して過度の期待が無かったのが良かったのでしょうか?
11月のエクスカージョンもターニングポイントになったと思います。
4月から始まった年間コースですが、
この頃になってやっと『受け取ることのみ』が、
出来るようになったと感じました。
『自分を信じているからいいや』と思えた瞬間があり、
ここまで人からの評価の中で生きてきたわたしにとって
本当に自分を信頼出来た瞬間だったと思います。
ここから大きく動き出しました。
現実世界で、いまのままでは物事が好転しないことを、
潜在的に経験的に分かっていたので逆をしてみました。
相性の悪いストレスを感じる相手の幸せを祈ってみたのです。
すると驚く程関係が好転。
わたしから発するエネルギーが変わったのでしょうか??
不思議ですが、こんなことで今まで悩み続けてきたことが、
スルスルとほどけ解決しました。
悩みつづけた日々も、悩んだ分、
脳は疲れていたが、行動力だけは残っていたので、
どんな困難時も行動をおこせる丈夫な体に産んでくれた母にも、
感謝せずにはいられません、ありがとう。
ヘミシンクのおかげで、
思いもよらない期待以上のことが起こった2012年~2013年。
これからも期待せずにはいられません。
今後も起こるであろう不思議体験にワクワクします♪♪
今、わたしには叶えてほしい願いがあります。
非物質の存在さん、よろしくねー。ありがとー。
※わたしは「ガイド」より「存在」という名前がしっくりきますので、
非物質の存在としています。
 彼に名前は付けていません。
『上か?下か?』と聞かれた存在に会ってみたいです。
とても威厳のある男性の声でした。
最後に、
なが~~いシェアを毎回笑顔で気長に聞いて下さったやさしいタイさん、
1年間ありがとうございました。
一緒に学んだ皆様、
出会えてご一緒させていただきありがとうございました。
とてもとても楽しかったですッ!!
(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 兵庫二期 Kさん)
●<ゲートウェイ・完全攻略コースを受講して>
誰かに「どう?年間コースやってみて どんなに凄いの?」
と訊かれ
「うん、こんな事もあんな事もやれるよ」
って言いたかったんです。
が、実際は人に説明出来るほど(本に書けるほど)の事は無く、
「うん、まあまあ・・・でも大満足!」って答えます。
それは確実に着実に進歩している自分が居て、
感謝しているからです。
2年前に2日間のセミナーを受け、
「さあ、頑張るぞ」と思ったのもつかの間。
時が経つにつれ感動も薄れていき、
「こんなんで良いのかな?知覚出来てないんじゃないかな?」
と凹みつつありましたので(たぶん止めていたかもしれません)、
年間コースに参加できたのはラッキーでした。
タイさんに探求大全をさらに詳しく解説していただき、
導かれ、自信が持てました。
あとはどれだけ聴き込めるかで、
より鮮明で鮮烈な体験ができるのではないかと思います。
日常ではシンクロが頻発し不思議なことも増えました。
感受性をもっと磨き、メッセージを実生活に役立てるよう、
努力したいです。
また、
毎月のシェアの時間が大変有意義で勉強になりました。
皆さんは本当に
「ティーチャー(人生に気づきを与えてくれる大切な人)」です(笑)
有難うございました。
  タイさん、皆さん、ガイドさん、さんきゅう。
PS-目標は60%くらい達成していると思います。
ガイドさんの姿を鮮明に見ることはできなかったけれども、
メッセージは体の内側からきている
と、感じることができました。
(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 兵庫二期 Kさん)

●<ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コースを受講して>

タイさん、東京二期の皆さん、一年間ありがとうございました。

ゲートウェイ・エクスペリエンスから救出活動まで、
一年を通して、同じメンバーで楽しく学ぶことができたことに、
とても感謝しています。

日常生活では、就寝前にヘミシンクを聴く程度で、
体験らしいものもなかったため、月一回、
集中してヘミシンクを聴くワークに参加できたことは、
とても貴重な経験になりました。

また、追加で開催されたワークでは、
F23-F27まで体験することができ、
3/11には参加メンバー全員で救出活動をするなど、
とても充実したコースでした。

一年間を振り返ると、
タイさんの深い経験からくる丁寧な説明、
「素晴らしい、それでいいんですよ」の温かい言葉、
受講されている皆さんの体験シェア、
セッション中に受け取ったメッセージなど、
多くのGIFTをいただいたと思います。

日常生活においても、いつもガイドさんに助けられている、
繋がっているということを実感できるようになりました。

今年、ヘミシンクを通じて得た気づきから、
「コーチングの講座」に通い始めました。

先日、そこの創始者の代表作を取り寄せました。
題名は「Unlimited Power」です。
この感想を書きながら、過去のノートを見返していると、
11月の過去生体験ツアーのセッションで得たメッセージに、
「どうしたら解放できるのか」いう問いに対して、
「限界を作らない」というものがありました。

これまで11月のセッションのことは忘れていましたが、
「限界を作らない=無限」と、すでにガイドさんからメッセージをいただき、
導かれていたのだと改めて感じました。

この一年間で、
タイさんをはじめ、多くの素晴らしい人達と出会うことができました。
これまで見逃していた多くのことに気づくことができました。
今後は、これまでに得た経験・知識・知恵・エネルギーを
自分の周りの人達にも還元しながら、
日々を大切に過ごしていきたいと思います。

一年間、ありがとうございました。感謝!!

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京二期 Sさん)

●ゲートウェイエクスペリエンス完全攻略コースレポート

1.   自分にとって大きかった体験

①ガイドから必要な時に必要なメッセージを頂くことができました。
例)「次は老人ホームね!」といわれた。
(今までは幼稚園や子育てルーム等にボランティアへ行っていたが、
その後老人ホームでもボランティアをする事になった。)

 「あなたの信じるままに行きなさい。」、「自分を信じること。」
「気楽に前へ進めばいい。」、「エネルギーが欲しい時にはいいなさい。」
「忙しい時こそ時間を持つ。」、「静かになれば答えは自分の中にある。」
「一人一人一歩一歩進む事が、ビジネスの近道なり。」等々

 とにかく夢へ向かって前へ進もうと頑張っている最中なので、何度も
必要なメッセージやアドバイスを頂き、励まされた。
時には実現に向けての大きなヒントまでいただけた。

 ②過去性を見ることができた。

 例)宗教施設で働く少年
(彼は何の欲もなく、
ただ生かされるままに自然の流れの中で生き抜いた。
若くして亡くなったが、この世に何の執着もなかった。
だからすぐにこの世から 離れることができた。
今現在必死で生きている自分にとって、
彼の生き方は理想のように思えた。
今は夢に向かって頑張っているが、いずれは彼のように
ただ生かされるまま、自然の流れにのって生きたいと
願っている自分がいることに気づかされた。)

    ジプシー
(ジプシーの女性は火を焚きその周りで歌い踊っていた。
その後とある守護神鑑定で守護神の一柱に
アメノウズメさまがいらした。
ジプシーの歌い踊る様子はまさにアメノウズメと重なった。
自分の見た体験と鑑定が一致したようでした。)

③意味ありげな映像を見た。
例)皇室の行列が移動している。その中に昭和天皇もいらした。
(この映像は初めてのセッションである2月20日に見た映像で、
それからしばらくした3月11日に東日本大震災が起こった。
皇室と何の縁もない私が見たこの映像が
とても意味のあるように思えた。

2.  一番最初の目的、目標をもう一度見返し、
それに対し今どうなっているか?

①  目標達成できたこと

ガイドさんからたくさんのメッセージをもらった。
ガイドさんに会えた。
この時代に生まれてきた意味を知ることができた。
自分のルーツを知ることができた。
前世を知ることができた。
仲間と同じ体験をする事ができた。
自分の役割を知ることができた。
(自分の好きなことをする事で、人に元気を与える、
愛を伝染させる。)
宇宙空間で遊ぶことができた。
亡き父と会えた。(メッセージももらえた。)

 ②  目標達成できなかったこと

外国へいく事。
(この目標を立てていることは忘れてしまっていた。
今の自分に必要な目標ではなくなっていたので、
実現することはなかったのでしょう。)

 3.  振り返って

最初は自分の力を信じることができない自信のない自分がいましたが、
ヘミシンクでさまざまな体験を重ねていくうちに、
エネルギーがどういうものかを知り、
自分の力を、具現化の力を信じることができるようになりました。
そして持っていた夢がより一層はっきりし、
夢へ向かって前へ進めるようになりました。

また、さまざまな能力を持つ方のセッションを受けなくても、
自分でもメッセージを直接もらえるのだと、
自分を信じればいいのだという事が分かりました。

そしてすべて繋がっているのだと、
実感する出来事が実際に起こるようになりました。

一年間を通じてタイさんがそれでいいのですと、
すべて体験ですと励まして下さったことが
やはり大きな力となったように思います。
また、仲間とともに一年間ご一緒させていただいたことは、
毎回リラックスしてセッションを受ける事に繋がり、
それも良かったように思います。

コースを終えるのは寂しいような気もしますが、
今後現実世界において自分の夢を実現することで、
またご報告させて頂きたいと思います。

今しかないこの時にタイさん、
そしてメンバーのみなさんにお会いできたことに
心から感謝申し上げます。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 兵庫一期 Y・Iさん)

●ゲートウェイ・エクスペリエンスシリーズ完全攻略コース感想

1.これまでに記したノートを見返して、大切と思う箇所

1)今生を生き抜き、明るい未来を築くこと。常に背後から見守り、
バックアップする存在がいる。

2)C1で体験すること、目の前で起きていることには1つ1つに
意味がある。それを丁寧に味わうこと。

3)大きな愛で見守られていることに気付くこと。
全ては大きな仕組みの中で進行している。

2.初回で掲げた目標の達成度合い

1)F10, F12, F15, F21はひと通り体験し、
各フォーカスレベルの然るべき特徴もつかみ、相応の体験も積めた。

2)ガイドさんとの交流でも、
尋ねれば殆どの場合に何らかの答えが返ってきて、
ぎこちないながらもコミュニケーションが取れた。 ちなみに、
最終回で感じたガイドさんは大柄ながっしりとした包容力のある感じの
浅黒い褐色の女性のイメージだった。
(褐色のイメージは服の色だったのかもしれず、
はっきりと知覚出来たわけではない。)

3)亡き母とも、ぼんやりとだが、存在を感じ取れ、コンタクトできた。

4)全11回のワークの中で一番の衝撃だったのは
自分の過去生と思しき中世のローマ人男性としての生涯を
知覚したことだった。
まさに心の奥のひだに潜んでいた魂の琴線に触れた感じで、
その時はヘミシンク中に止めどなく涙が溢れてきた。
今の自分に繋がる過去生として、納得感があり、
腑に落ちるものであった。今思い出しても心が疼く。
心傷付き、孤独な生涯を送り、
最期には僅かな人に見守れて病死した過去生。

5)ノンヘミでも瞑想がし易くなった。
簡単に心の安定状態が得られるようになった。

6)ワークで学んだヒーリングについては
あまり実践では活用してしていないので、
今後色々と日常生活の中で試してみたい。

7)Super Loveについてはなんとなく感じ取れる。
真っ先には、ガイドさん達からの温かな愛情、
仲間意識のようなものが感じられている。

8)人生を生きる意味合いについて確認したかったが、
Basharの言うように、
それ自体はmeaninglessなんだと思う。
でも、そこに意味合いを与えるのは自分自身であり、
自分の自由意志で意味付けられるんだと思えるようになった。

9)思考力、記憶力の向上が図れたかは目下不明・・・? 今後の課題か。

10)英語版ヘミシンクを使った語学力強化も今後の取り組み課題。

11)レトリーバルと、深宇宙の探索は今後やってみたいこと。

 3.上記を踏まえた現在と今後についての感想、総評

 前記1で記した通り、一日一日、一瞬一瞬を丁寧に感じ取りながら
目の前の物事、出来事、人々に相接していきたい。
その積み重ねにより、自分の人生が成就するように思う。

 そして、その人生は決して孤独なものではなく、
背後からガイドさん達の暖かな眼差しがあり、
ITクラスターの同胞達の支援、応援のもとに
成り立っていることを痛切に感じる。

 今回の全11回の1年間近いワークは1つのstepとして、
大切なことへの気付きに向けた大きなきっかけとなった。
そして、ヘミシンクの真骨頂は、
ヘミシンクを通じて学んだことをC1に活かし、
C1をより良く生きることにあると学んだ。

F12やF21、F27等の世界とは異なり、
時間がゆっくりと流れるこのC1の現世で、
肉身の体験を通じて学ぶことの大切さに改めて想いを馳せる。
それが生きること、生かされていることの醍醐味であると。

遥か彼方の過去生からの時間軸の中で、
今に至る諸々の出来事の断片を知り、
そんな思いが実感を伴って、一層強まった。

 今後に向けて、ヘミシンクの研鑽を重ねながら、
何気ない日々を大切に生きていきたい。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京二期 Mさん)

●ゲートウェイ・エクスペリエンスシリーズ完全攻略コース感想

セッションから受け取った印象に残るメッセージや体験

 ・「体験は人に話すとリアルになる」
・ 「自分なりの学びがある」
・初日に見たビンの口のような丸い輪が沢山並んだものは
トータルセルフだったのではないか
・  タイさんの「have fun!」の声を聞いて涙が出る。
「感動にゆだねていい。感動を思い出すことが大事。
タイさんの声に感動したのはタイさんの声に愛を感じたから。
感動の中に愛があり、愛の中に感動がある。
その感覚をいつも思い出して」
・  「もっとリラクゼーションが必要。それを自分に許す」
・  「自分をゆっくりさせる。楽しんでやる。そのままを許す。
誰かに証明する必要は無い。
もっと自分に愛していると語りかけて。
あなたが愛に満たされることがどれほど
大事かということをいつも思い出して。
忘れていてもただ思い出せばいい」
・  「すべてこれでOKと信じる。
あらゆるところに愛が潜んでいることを思い出す。
突き詰めずにゆったりする。
信頼して任せる。自分に力があることを信じて褒める」
・  朝日が見える「どんな空も明けない空はない。大丈夫安心して」
-夕焼けかも?と思うと「あなたの思いによって変わる」
・  「虹をみましょう。今は見えなくても見ようとすれば見えてくる」
・  「固定観念を外すと良い。
あまり深く考えずあなたはちょっと軽いくらいの方がいい。
まずはもっとリラックス」
・  砂漠にたくさんの草が伸びてくる
「大丈夫やがて解るときが来る」
・  「見えることにこだわらなくていい。ちゃんと居ているから」
・  「呼吸に気をつける。深呼吸をする」
・  本棚にデッキや本が沢山「すでにある」
・  夫との過去世の関係や一緒に居る意味
・  自分の過去世と学び
・  「もっとリラックスして。これは勉強じゃない。
遊んでいいんだよ。
遊びは悪いことじゃなく遊びの中にも学びがある」
・  F21カフェの探索
・  「心を開きコミュニケーションをとる。愛を感じながら話す。
失敗したと感じても責めずに何度もやってみる」
・  「いつもどんなときも一人ではなく多くのサポートがある。
今一度自分を信頼し力を取り戻す時。
常に感謝の気持ちを忘れず前に進みなさい」

ヘミシンクを始めて1年半ほどで、
時々の体験と体外離脱を少しするくらいだったのですが
以前からタイさんのセミナーを受けたいと思っていた時に
このセミナーの紹介がありこのペースなら受けられるかも
と思い参加しました。

スタートはタイさんの「have fun!」の掛け声に
ワクワクしながら始まりました。

最初にズボンの後ろポケットに
黒いふちのメガネを引っ掛けているのが見えました。

セッション後に後方でセッションを受けてらした
男性のメガネだと分かり、
この方と見えたものも少しシンクロしていましたが、
今思えばガイドさんが自信を付けさせて
くれていたのだと思いました。

セッション中は一年間の長いスパンのお蔭で
自分の手放したいものがドンドン表面に出てきて
沢山向き合いました。

中間には宿題も出て途中で振り返り
ガイドさんのメッセージを生かせるようにしていただけました。

タイさんが常におっしゃるように
体験が重要なのではなくそれを現実に生かすことの大切さを
身にしみて体験させていただきました。

こうやって振り返ってみると自分を信じること、
愛であることのメッセージを
繰り返し送ってくださっていたのがわかります。

ガイドさんの姿はいまだに一定せずに色々ですが
メッセージはいつも愛に溢れています。

自分に甘いメッセージのような気もしたりしましたが
タイさんが「それでいいんですよ」といつも励まし
自信を持たせてくださいました。

そして見えることにこだわらずわかるという感覚こそが大切だ
ということも理解できました。

これからが新たなスタートですね。

最後に休まず参加できたのには家族のサポートであり、
とても感謝しています。

そして、終始温かく導いてくださったタイさん、ガイドさん、高次の存在、
そしてご一緒いただいた素敵なみなさんに心より感謝申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 兵庫一期 Yさん)

●ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コースを受講して

このコースに参加した当初の目的は、
向こうの世界の人と会い、
はっきり見えるようになることでした。

タイさんから、
現実世界にどのように落とし込んでいくかが重要、
という話を聞いても私の目的とは
違っていると感じていました。

しかし、
タイさんのお話、参加者の皆さんとのシェア、
その他日常生活の中での気づきから、
はっきり見えることという目的以外に、
どうやって現実世界を生きていくか、
私の生きる意味は何か、
ということにも焦点が合うようになりました。

当初の目的だった、
ヘミシンクを通して向こうの世界の人に会うということについては、
まだ自分が思った形ではできていませんが、
明晰夢で会うことができるようになりました。

その他にも、
リモートビューイングで見ていた映像が現実と一致、
過去生探索ツアーで見えたビジョンと年代背景が一致、
ガイドさんが知覚できたりと、
少しずつ自信がついてきました。
ヘミシンク中に体験できていなくても、
日常生活に答えが現れてくることもわかってきました。

当初の目的以外のことについても気付けるようになったことは、
このワークに参加して得られた学びだと思います。

タイさん、東京2期の皆さん、そしてガイドさん、
一年間ありがとうございました。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京二期 Tさん)

 

 ●思い返すと色々な方が本に書かれている、
「あんな」体験や「こんな」体験は自分には訪れなかったが…
正直まだ擦り切れるまで聞き込んではいなかったので、
それが今の自分の経験値だと素直に受け止め、
これでやっとスタートラインなのかなとの思いに至りました。

しかし日常の風景やさまざまな出来事が、
実は味わい深いものであると気付けた事に、
確かに自分も成長できたんだと思います。

ヘミシンクでは様々な事象はエネルギーと捉えていますが、
これからはそのエネルギーを知覚しコントロールし、
自分の人生を精一杯生ききることが、
達成目標になりそうです。

最後のシェアの時間に、
例えで銀河鉄道999の話しがでていました、
懐かしく思い思わず(ゴダイゴの唄)検索をかけてみてみると、
歌詞に素敵なフレーズがあるのに気がつきました。

それは2番の後半のに「~別れは愛の一つだと…」って、
子供の頃にはその意味は深く分からなかった歌詞ですね…。
立場や状況は違えど様々な経験をしてきた大人だからこそ、
胸に染みる言葉かな~って。

最近そら耳で「すばらしい」「それでいいんです」って声が、
聞こえてきそうな今日この頃です。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京二期 Mさん)

●ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コースを受講して

この1年を振り返って、
当初かかげた目標のほぼ8割が達成されました。

数々の体験,気づきがあり、
気がついたら1年がたつていたと思えるくらい、
スピードがあり充実感いっぱいの楽しいセミナーでした。

これらの体験を日常生活の中にどう生かして行くかが今後の課題です。

同じメンバーで気心も知れ安心感の中でのシェアー、
そしてタイさんの受容と的確なアドバイス、
たった一言で気づきが促され体験がどんどん進み、
まるで魔法のようでした。

心と身体のバランスがとれ、
穏やかなC1の生活=心から笑い、人と楽しみ、
自然の美しさに見とれている自分を発見して、
人てこんなにも変われるものかとびっくりしました。
(これが成長と言えるかわかりませんが・・・)

ガイドさん達にタイさんに東京第2の皆さんに心よりの感謝です。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京二期 Sさん)

●ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コースを受講して

私の中で一年間をかけトレーニングしたことが
最大のポイントとなりました。

この変化の時代に、
このメンバーの皆さんと共に学べたことに感謝しています。

私はガイドと話したい、過去生が見たい、どんな体験ができるのだろう?
そんな思いで参加しました。

このセミナーに参加する前から、
ビジョンが見えたり、声が聴こえたりはしていたので、
(ノンヘミでも)確信がもちたかった、ところもありました。

ワーク中、ビジョンが見えたり声が聴こえたり、
肉体を離れたことを実感するにつれ、グランディングが上手くできず、
体が冷たくなったり、ボーっとしたり、フラフラになったりで、
グランディングの大切さやコントロールの難しさも、
身体で感じることができました。

体験ができるようになると、
今度は何の為にヘミシンクを聴き続けるのだろうと、
目的がわからなくなったりもしました。

でも毎月毎月のセッションでのヘミシンクへの理解が深まるにつれ、
現実世界で出会う人、起こる出来事、感じることに、
沢山の変化や気づきがありました。

数日間のセミナーではヘミシンクを体験することや、
テクニックを学ぶことはできると思います。

でも一年かけたコースは、
確実に自分の内面的な変化や成長に、
自分自身が気づくことのできるワークだと思います。

ここが本当に良かったです。

肉体を持ち感情が味わえるこの世界で、
過去でもなく、未来でもなく、今を自分の内側を見つめながら、
自分(ガイドやトータルセルフ)と対話しながら、
常に心を平和でいること。

平和な心で物事を見ること。

自分の想い描いたことが、
今の現実を創っていることを実感しながら、
日々の暮らしの中で喜びを感じながら、
感謝しながら、
これからも探索して行きたいと思います。

すべてを受け入れて下さるタイさんと、
一年間一緒に学んだ皆さんに心から感謝しています。

学び多き一年間でした。ありがとうございました。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京一期 Mさん)

●ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 感想

2011年 公私ともに様々なことが起こった年でした。
この重要な年にタイさんのもとで
ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コースを受講できて
本当に良かったと思います。
メンバーにも恵まれて最高の学びの場であり、
たくさんの宝物を得ました。

3月11日 未曾有の大震災以降、
私はいったい何をしたら良いのかと、
自分に問いかけることがありました。
そのときにいつも浮かんでくるのは、
セッション時にガイドとコンタクトして必ず言われていた言葉です。
「何があっても常に笑顔でいること」、
「人生は喜びに満ちて楽しい。今を大切に生きること」でした。
実際、ヘミシンクを通して、遊び好きなドルフィンたち、
天使や妖精が次々と登場してきて、
いつも私を楽しませてくれました。

そしてセッションを続けているうちに、
ヘミシンクのときだけ非物質の存在とコンタクトが取れるのではなく、
人間にとって一番大切なC1の場においても、
常にガイドとともにいてコンタクトが取れるようになりました。

また、セミナー中、タイさんが常に言い続け、
私のDNAまで染み込んだことばがあります。
「グラウンディングをしっかりすること」、
「ヘミシンクを通して得たことを日常生活に落とし込み実践すること」、
「自分の体験に自信を持つこと」です。
震災以降、しっかりと大地に足をつけて生活できたのも、
セッションを通してタイさんに何度もこの言葉を言ってもらったお陰です。

またセッションを通して自己信頼が強化されました。
セッション後のシェアの場において、
タイさんはどんなシェアでも、興味深く耳を傾け、
「それでいいのです」「素晴らしいです」と、
にこやかな笑顔で承認してくれました。
この言葉のお陰で、安心して、
ゆったりとした気持ちでセッションに集中することができました。

更に、
ヘミシンクの大切な基礎を徹底的に体系的に教えてもらいました。

何も怖いものがなくなりましたし、
タイさんのセッションで、基礎を徹底的に教わったお陰で
自分の直感を更に確信するようになりました。

今後ヘミシンクをするうえで私の宝となり、
タイさんには本当に感謝しています。

個人的な体験として、
2011年5月14日17歳の愛犬が天使となりました。
そのときちょうどタイさんのセッションの最中でしたが、
妖精の森から愛犬が挨拶に来てくれたのがわかりました。
最後のセッションでは聖母マリア様がきて祈りを捧げてくれました。
その時はなぜ愛犬とマリア様が出てきたのかわかりませんでしたが、
自宅に戻りわかりました。
そして12月に11歳の愛犬も天使となりました。
愛犬に、
「死ぬことは怖くないよ。お母さんの本体がいつも一緒にいるからね」
という言葉をかけ、安らかに見送ることができました。
悲しい気持ちは当然ありますが、
愛犬たちがいつも私と一緒にいることを確信しているので、
とても落ち着いた気持ちでいられました。

ヘミシンクで得たことをC1で実際に落とし込む作業を常にしているので、
公私ともに満足で幸せな生活をしています。
仕事も順風満帆で、新しい仕事のオファーもありました。
タイさんのもとで基礎を学んだので、
これからは自由自在に応用をしながら
ヘミシンクを楽しんでいこうと思っています。

タイさん、1年間ありがとうございました。
このコースで得た宝物を大切にしていきます。
またメンバーの皆さんもありがとうございました。
ご縁を大切にしたいと思います。

 (ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京一期 Eさん)

●ゲートウェイ・エクスペリエンスシリーズ完全攻略コース感想

  第1回ゲートウェイ・エクスペリエンスシリーズ完全攻略コースで、
最初1年間の目標を立てました。

 私は、へミシンクで知覚が出来るようになることを目標にしました。
そして、自分がへミシンクを聞いているときに、
各フォーカスレベルに行っているかどうか分かることも、
目標にしました。

  その結果、フォーカス10、12レベルで、
頭は起きているのに自分のいびきが聞こえたり、
時計のチクタク音が聞こえてきたり、遠くの音が聞こえたりしました。

 最初、時計のチクタクという音が聞こえてきた時、
部屋の中にある時計から聞こえてくるのかと思いましたが、
ヘッドフォンを外すと聞こえてこず、どこから聞こえてくるのか不思議でした。
この時計の音は、入院してからは聞こえなくなりましたが、
当初の目標のフォーカスレベルの感覚は感じられるようになり、
これについては、50パーセントぐらいの達成率です。

 さて、知覚ですが、
私は知覚というのは、映画かテレビの画面のように
はっきり見えるのかと思っていました。

 ところが、タイさんの今回のセミナーで、
知覚といってもはっきり見えることは少なくて、
ボヤっとしていたり、ただ感覚であったり、
はっきり見えることは少ない場合も多いと聞き、
感じたこと、思ったことがそのまま知覚していることに
繋がるのだと思いました。

 今までは、へミシンクを聞きながら思ったことも、
雑念と思っていましたが、それを排除しないで感じた事、
思ったことをそのまま言うことによって、
それが知覚につながると思いました。

 各セッションの終了後に、体験したことを何でもいいから話し合う時に、
最初のころは、なにも体験しないので、何を話そうか迷いましたが、
感じたこと、思ったことを話すようになって、
今までなら、
まさかこんなことを話すと恥ずかしいと思っていたのですが、
すなおに感じた事、思ったことを話したら、
ほかにも同じことを言う人がいたので、
私の体験も一概にでたらめではないのだなと思いました。

 タイさんの聴き方もよくて、
自分の言ったことを否定もしないで聞いてくれます。

 それもよかったですね。

 そして、へミシンクを聞きながらノートを取るやり方も覚えました。

 そう、へミシンクの聴き方の基礎をこのセミナーで覚えました。

 やはり、感じたこと、思ったことは
すぐにノートに書かないと忘れてしまいますね。
感じたことをノートに書くのは、結構できるようになりました。
これは50パーセントぐらいの達成でしょうか。

 知覚については、まだ、感じる程度で、30パーセントぐらいです。

 過去生探索では、思いもよらない過去生を体験しました。
この過去生探索では、自分の想像を超える経験を感じました。
本当の過去生か、その当時このような人がいたのか分かりませんが、
感じたすべてとは言いませんが、一部は私の過去生か
それに繋がる何らかの過去生と思います。

 今回一年間のタイさんのセミナーに参加して、
(そのうち四回はお休みしましたが)
一日みっちりへミシンクを聞くので、とても有意義でした。

 そして、へミシンクに自信がつきました。

 なかなか体験できない私でも、
タイさんのセミナーで貴重な体験が出来ました。

 そして、全体を通して、
日頃からガイドさんに守られて生活をしているのだなと、
つくづく思いました。

 ガイドさんに、感謝、感謝です。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京一期 Sさん)

・感謝することを見る

・自分を下げない卑下しない

・今ここを感じる(呼吸etc)

・今この瞬間を大切にする

・今の心を観賞する
(あらゆる瞬間の自分の感情に気付き、いい気分になることを大切する)
つまり内なる存在と調和すること。

・心の対立を捨てる
「相手が間違っている、自分が正しいという」正義感や怒りを捨てる

・事実を伝える、

・相手の立場や考えを理解する

・違いを認める、多様性を認める

・人のため、環境のために自分を使う

・実現したいことは、すでに実現したかのように信じ込み、行動する

・気分は自分で選択できる。
今どこにいて何を見つめているにしても、そこで可能な一番いい気分になる

・嫌な気分になるのは、「源」から離れている証拠

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京一期 Mさん)

●この1年間は今までの人生の中でも本当に変化が多く、
いろいろと動きまわった年でした。
また新しい出会いの多い1年でもありました。
もちろんそういう時代の流れの影響もあるのでしょうが、
この1年間のセミナーに参加して、ヘミシンクを聴き続けたこと
(忙しいことを言い訳にして全く聴かなかった時期もありましたが)
の影響が大きかったのではないかと思っています。
数多くの気づきや出会いが、これからも自分に
変化をもたらし続けていくような予感がしています。

 内面的な変化としては、
気がつくと心が穏やかでいられるような状態が増え、
なんとなく満たされている大きな安心感の中にいるような心境
(自分は今までもこれからも何の問題もなく大丈夫なのだという自信)
が継続しているような気がします。

 はっきりとしたビジョンで見えるような形で
ガイドとコミュニケーションをとることはできていませんが、
それでもヘミシンクを聴くことでガイドからのメッセージを受け取り、
ガイドとのつながりを実感したことで、
今までもずっと必要なタイミングで
必要なメッセージをきちんと送ってもらっていたのだ
ということに対する感謝の気持ちを抱いています。

初めの頃は「見える」ことにこだわり、
見えないことに焦りを感じていましたが、
今では自問自答の形で受け取るメッセージも
立派な体験であると自信が持てました。

 これからもヘミシンクを聴き続けて、
もっと知覚能力を高めていきたいです。
それが自分自身をより理解し、
人生を楽しむことにつながるのだろうと確信しています。

非物質世界での体験を
いかに日常生活に落とし込んで活かしていくのか。
この現実世界をいかに充実したものにしていくのか。
タイさんが何度も強調されていたこのメッセージを常に忘れずに、
これからも自分自身の探索を続けていこうと思います。

 タイさんやメンバーの皆さんに出会えたご縁に感謝します。

1年間本当にありがとうございました。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京一期 Kさん)

●〈この一年を振り返って〉

ヘミシンクを初めて聞いてから半年以上が経過して、
自分一人でやるよりもちゃんとトレーナーのかたについて
やり方を学びたいと思い参加しました。

ヘミシンクを聞いてとりあえず知覚のようなものはできていたのですが、
それを実際にセッションの後のシェアタイムの時
タイさんに「すばらしい」「それでいいんです」
と言われ自信になりましたし、
他のかたの体験も聞けるともっと気づきが増えました。

このセミナーに参加後、
いろいろなセミナーに体験をするために行くようになり、
そのたびに知覚をすることができるようになり、
やはり行動して見ることの大切さも実感しました。

セミナーの一番最初の時に立てた目標がいくつかあるのですが、
もちろんガイドと会いたい、会話したいということがありました。
実際セミナーを受けてみると、ガイドと思える人は何人かいて、
問いかけると答えてくれ、それこそ自問自答でもいいということで、
体験をする時には自分から積極的に体験に参加していくことが
必要だと思いました。

そして、得られた体験はすべて必要なことで、
こんなのは違う、妄想だというふうに否定しないこと
というのが大切だと言われ、
その点でも気が楽になりました。
雑念の中にも気づきがあるということです。

そのほかにも過去生を見ることや、
そこから学びを得ること、非物質界で自分の場所を作る、
亡くなった人と会話をするという目標がありましたが、
その目標がどの程度できたかについては、
自分的には〇をあげたいと思います。
8割くらいはできたと思います。

もう少しのところとしては、
ヘミシンクなしでも直観をもっと使って、現在の生活に活かす、
という点では、まだ迷うところが少しあるので、
これからの課題だと思います。

全11回のコースを終えて、今の自分の心境、変化については、
ヘミシンクを始めたことで、セミナーに出る機会も増え、人との出会いも増え、
それによって他の情報も得ることができ、人間関係が広がったこと。
その広がった人間関係の中には、
過去生でのつながりのある方たちもいて、
ずっと昔から知っているように仲良くさせていただいています。

そして、非物質世界はもとより、
今、この現実世界を大切にするということが
とてもたいせつであるということにも気づき、
ヘミシンクを聞くことを寝落ちしながらも毎日続けていくことができ、
日常生活でのシンクロや求めていた答えが
ふとしたところで得られたりという体験もあり、
みんなつながっているんだという思いを強くしました。

また、日常生活で起きるマイナスなことをお試しと思い、
プラスに転換できるようになったこと。
マイナスをいかにプラスに、前向きに捉えられるかが
大切なのだと思いました。
とても穏やかに過ごすことができるようになったと思います。

知覚に関してはまだまだだと思うので、
もっと毎日少しずつでもヘミシンクを聞き続けて、
もっと積極的に探索していきたいと思っています。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京一期 Tさん)

●最初に1年後までに自分が得たいと思う
体験や状態などについて書き留めておく時間がありましたので、
①亡くなった妻との再会②ガイドとの出会い
③レトリーバル(死者の救出)体験
④ヘミシンクなしでも変性意識に入れるようになりたい
などの希望を書いて
最後に振り返る時まで暖めておくことにしました。

11回のセミナーの内容は、ほとんどわたしの期待したとおりで、
導入手順のひとつひとつの意味ややり方なとを
懇切丁寧に教えていただき、毎回自分がレベルアップしてゆくことを
感じとれるような内容だったので、本当に満足することができました。

ただ自分は参加した他のメンバーよりイメージ力が弱いためか、
さまざまな「思い」や「ことば」は断片的に浮かぶのですが、
いわゆる体験やガイドと会う、会話する
というような感覚が得られなかったため、
そのことをタイさんにも何回か質問しました。

タイさんからは、
①実際にガイドが来てコンタクトしているふりをすれば、
そこから展開してくることがある
②体験というのは、
小さな(微かな)体験の積み重ねにより
やがて自分の掲げた大きな目標へとたどり着く。
はじめから大きな特別なことを期待するよりも、
まずは目の前の、微細な小さなことを
「体験として認識できるようになること」が大切。
というようなコメントを貰いました。

自分としては、
①亡妻との再会②ガイドとの出会い
を最初からの目標としていたので、
それができなかったのは事実として
総括しておかなければならないし、
確かに死後の世界があって、
そことのコンタクトがとれるということは、
今後の人生を歩むにあたって最大の確信となるので、
そのあたりの質疑応答が
若干噛み合っていなかったような気がしています。

最後に、
このようにセミナーを企画し実施して頂いたことに感謝すると共に、
タイさんが今後ますますご活躍されて、
多くの悩めるヘミシンカーの支援ができることを祈っています。

また、
一緒に受講した皆さんとも長いつきあいができるように、
OB会のようなものができたらと願っています。

タイさん、皆さん本当にありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう!

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 東京一期 Yさん)

●自分の気づき

・ C1は自分の今生での意味を知る重要な場である
・ C1起こる恐怖心を含めた感情を自分の内部にためない
・ C1で冷静な自分(第三者的視点)が重要
・ 思いは陰陽にかかわらず、C1に転写される

ヘミシンクを通じた体験を生かすためには、まずノートを取ることでした。
そうするとヘミシンク中の記録は断片的であっても、
記録をとることで見返すことができ、
その時の内容を把握・推測することができました。

また、日記として記録しておいたので、つど見直すことができ、
時間がたったことではじめて理解できたものもありました。

また、この一連のコースを受講し最後に見返したことで、
自分の今生での課題もいくつか見えて参りました。

ガイドとの邂逅も大いに興奮しましたが、
彼らによると、自分の直感も彼らとの部分的な接触によるものだそうです。
ヘミシンクはメンタルツールとしても優れたものだと思います。

 そうしたことを本コースで体験できたことを、
主催者であるTaiさんに感謝いたします。
ならびに、体験シェアを通じでコース各セッションを
有意義にかつ楽しいものにしてくださった、
参加者の皆さまに感謝いたします。

・ アファーメーションは能動的に行うこと
:ただ漫然とヘミシンクを聞くのではなく、
各セッションでの目的を明確にするために
アファーメーションはそれらを考慮して、
加筆を行う。:第一回(2/12)

・ 恐怖心の克服にはリリース&リチャージがお勧め
:内部に感情をためないように。また、つらい出来事も、
「お試し」として受け取る余裕が必要。:第二回(3/19)

・ エナジー・バー・ツール(EBT)は、イメージが必要
:自分のエネルギーの一部であるEBTは、
それ自体のイメージをはっきりとすることで、どの様な形にすることができる。
おかげで、セミナー終了時にはDEC使いとして、
セミナー参加者に認知されるようになりました。:第三回(4/23)

・ 第二の自分を知ることにより、冷静に判断できる
:浮揚のセッションで、第二の体を知覚することにより、
もう一人の冷静な自分を発見できました。
これにより、C1での自分の状況や感情を
第三者的に判断することができる様になりました。:第三回(4/23)

・ ガイドはスヌーピー
:ガイドとの邂逅で、ガイド部屋にスヌーピーがいた。
最初は単なる置物として無視していたが、彼がガイドであった。
そういえば、Tシャツやトレーナーには
彼のキャラクターが多いと後で気づく。第四回(5/21)

・ 今生のテーマは「愛を運ぶ者」
:これについてはセッションが進むにつれて
ガイドとのコンタクトが増すにつれて、
具体的な内容に発展してゆきます。:第四回(5/21)

・ 今生のテーマを実行する上で、日々の生活が重要
:意識が拡大するにつれて日常生活(会社、家庭)で
上司や家族の何気ない一言に、
自分としての成長の鍵が隠されている。第五回(6/18)

・ アファーメーションの“Plus知る”は有効だ
:拡大F12でこれを知ることで
直感を大いに伸ばすことができた。第六回(7/16)

・ 直感を得るにはリラックスが必要
:感情の制御において、リラックスが何よりも必要。
また2ヶ月後に自分におこった予見も得ることができた。第七回(8/27)

・ 時間を超越することで、未来や過去を行き来することができる。
:もう1人の冷静な自分をその場に置き、
未来や過去を客観的に判断できるかどうかが、
知覚を深める大きな鍵である。
また3ヵ月後に自分におこった予見も得ることができた。第八回(9/10)

・ 思いは転写される。自分の思いは具現化する。
そのイメージが明確であればあるほど実現の可能性は高い。
その願いが陰陽は問わない。第九回(10/22)

・ 今生のテーマを知るには日ごろの生活が大事
:C1で行う仕事は自分のテーマの実現に大いに役に立っている。
自分の仕事は、自分の望むものそのものである。第十回(11/19)

・ 目的意識を持った生活が、これからのヘミシンク体験を深化させる
:更なる体験を得ようとするのであれば、
各フォーカスレベルでの体験だけではなく、
目的をもってC1で生活を送ることが重要だ:第十一回(12/17)

・ 捕われの領域(F24からF26)には、
自分の克服すべき断片が横たわっている。
1セッションで8つの場面を記録したが、
すべて自分の過去生もしくは今生での課題が隠させていることがわかった。
これらを分析し、リトリーバルすることは、
今生の克服すべき与えられたテーマである。:F27&リトリーバル(1/7,8)

ありがとうござました。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡一期 Dさん)

 

●1年間のゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース終え、
旅を終えた映画の主人公のような気持ちでいます。
そして、追加の「F27&救出活動」のセミナーを受け、
新しい旅の始まりを感じています。

このセミナーは、
ヘミシンクの技術が向上するのはもちろん、
確実に何かが変わります。
おそらく私は、メンバーの中で一番変わったと自負します。
1年も経たないうちに、10年来の問題解決、仕事での願望実現、
そして、自己肯定、精神的に強くなりました。

私がヘミシンクを聴き始めたきっかけは、
人生のどうしようもない「壁」からでした。
あらゆる方法、あらゆる方向、あらゆる手段でぶつかってみたけれど、
血だらけになり、狂気に走り、
鬼のようになる自分に恐ろしくなり、
見えない世界に救いを求めることにしました。
でも、他人にさらけ出し相談することは出来ず、
独学で自己探求が出来るということから「ヘミシンク」を始めました。

そうして1年半。
ヘミシンクでの体験は出来ても、独学では疑問ばかりで、
ゲートウェイ・エクスペリエンスCDをもっと深く知りたい、
問題解決のための手法をきちんと学びたいと、
このゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コースを
受けることにしたのです。

TST初の試みという、
1年間同じメンバーで、毎月受講するこのコースのメリットは、
メンバーすべてが認識していたように、
毎月同じメンバーという安心感から得る体験の深さ、
継続してシェアすることによる、気づきの多さだと思います。

さらに、常に現実世界での行動を大事にする、
自分で体験して答えを導き出すというタイさんの考え方に触れ、
私は、ヘミシンクに逃避していた自分に気づき、
現実世界のサポートツールとして使うバランス感覚を覚えました。
それぞれの学びのプロセスがあるのだから、
焦らない、無理しない、比較しないというのも、
日常生活の上でも応用して考えるくせがつき、
気持ちに余裕が出来ました。

この地球上に生きている以上、
私たちは他との関わりによって
自己を存在させ成長してゆきます。
最初は、重い問題を抱えているため
「体験を人前でシェアできるだろうか」と不安な出発でしたが、
最後には「このメンバーだけは理解してくれる」となっていました。
他者の体験を聞くことにより自分の体験への理解がすすみ、
独学の時よりもステップアップになったと思っています。
不思議なことに、バラバラに集まったのに、
タイさんをはじめ、音楽でつながっている仲間でした。

私の、どうしようもない「壁」は崩れつつあります。
鬼は半年以上現れていません。
ガイドのお試しといえる、とても苦しい自分のと対峙はありましたが、
セミナーが進み、
トータルセルフの理解が深まるとともに劇的に解決しました。
そして何よりも、
日常が美しく、ただ存ることに、とても満たされた今日があります。

タイさん、メンバーのみんな、
サポートしてくれたガイド、そして大いなる自分に、
ありがとうございました!
またどこかで会いましょう!

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡一期 Oさん)

●GW完全攻略コースを受講して

1.GWの全体像が理解できた。
各セッションの目的を理解した上でGWを一通り体験したことで、
自分の心身の状態に応じて、
どのセッションをしたいか決めることができるようになった。

仕事を中心とした生活で心身ともに疲労する毎日なので、
「リリース&リチャージ、色呼吸、生体マップ」といった
セッションをすることが多かったが、
日頃、解釈することがほとんどで知覚することが少なく、
バランスに欠けていると痛感しているので、
「非言語交信、浮揚、ベクトル」といった意識的に知覚する
セッションも今後実施していきたい。

2.ヘミシンクのトレーニングが生活の一部になった。
ヘミシンクの効果を得るには、
静かな部屋で横たわって行わないといけないという
思い込みがあったが、通勤中の電車の中や、仕事合間の休憩中など、
気にせずトレーニングしても体験が得られたことから、
時間場所にこだわることがなくなり、
安定してトレーニングできるようになった。

  ほんの5分、10分でも
ヘミシンク音を聴いてリラックスするトレーニングをしたり、
ヘミシンクなしでフォーカス10に移行するトレーニングをしたことで、
ヘミシンクセッションをしない日が続いても、
焦ることもなくなり気にならなくなった。

  ただ、短時間やノンヘミだと、
各フォーカスレベルの微妙な違いを把握するトレーニングとしては
適さない環境だと感じるので、基本に立ち返って、
時間と場所を確保したトレーニングも今後実施していきたい。

3.ガイドと交流する方法がいろいろあることがわかった。
ガイドらしき存在と交流できたが、
呼び水としての想像力を使った視覚的なやり取りより、
「自問自答」のスタイルが自分に合っているように思った。

  それは、ヘミシンクをする以前から自然と行っていて馴染んでいることが
大きいと思うが、頭の中で試行錯誤して続く会話と、
ガイドと交流している「自問自答」との違いが、
なんとなくではあるが把握できてきている。

  また、自分の日常生活で起こることはガイドからの問いかけで、
自分の行動がガイドへの回答で、
得られた結果がガイドからの次の問いかけ、
ではないかと思うようになった。

  現在の自分には、これが一番のガイドとの交流方法だと感じている。

  意図を持って「自問自答」していき、
日々起こることに意識的に対応していく、ということの繰り返しが、
ガイドとの交流を深めることにつながるように思う。

  日常生活で意識的に行動することで、
ヘミシンクセッションでガイドと交流する方法に変化が現れるかもしれないと、
期待はしないようにしながら、楽しみにしている。

4.意図を持って行動することの重要性がわかった。
ヘミシンクセッションで、ぼーっとしてしまうことが多々起こるが、
目的意識がなくセッションをする意図が漠然としていると、
何も得られなかったという漠然とした結果がそのまま帰ってくる。

  日常生活で漠然と行動してきた習慣が、
ヘミシンクセッションでも、そのまま反映されてしまったと痛感した。

  自分から働きかけないと体験が得られないのは、
日常生活も全く同じと思うので、
意図を持ったヘミシンクトレーニングを継続することで、
意識的に行動する自分でありたい。

5.自分に起こることは全て情報、取捨選択しないことの重要性がわかった。
起こったことに一喜一憂してしまう自分がいるが、
セッション中だけでなく、日常生活でも、
自分に起こることはガイドとの交流の一つの形であるとするなら、
自分にとって都合の悪いことでも、
ガイドからのギフトとして考えてみるようになった。

  平常心を保つことを意識させられる毎日だが、
プロセスの中で起こることがただ起こる、それに価値判断をしない、
といったことを、
ヘミシンクのトレーニングで心がけることで、日常生活に役立てていきたい。

 (ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡一期 Kさん)

●ガイドに会いたいというのも目的の一つでしたが、これは○でした。
定期的にセミナーを受けることで、
ヘミシンクが生活に溶け込んだように思います。
毎日、何らかの形でヘミシンクを聴いて?います。(ヘミっています(笑))

シェアすること。
これは私達のグループは言われなくてもよく話しましたね。
触発されて気付いたこともあったりとグループワークの良さを感じました。

まだまだ、道は遠いですが、
ヘミシンクという素晴らしいツールに出会えて良かったなと思います。
楽しみながら一歩ずつ進んで行きたいと思っています。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡一期 Yさん)

●最初は長そうだな、出来るかな、と思っていた年間コースでした。
でも、終わってみると、ホントに短い11ヵ月でした。感無量です。
メタミュージックは昼寝用のBGM にちょうど良くて、
何十枚も買って以前からずっと聞いていたのですが、
ヘミシンクの由来やゲートウェイの何たるかもわからないまま
分厚いCDセットを購入して衝動的にいきなり臨んだセミナーでした。

最初はやはり戸惑いました。
逆に初心者であることを自覚し過ぎて妙に卑屈になっていたと思います。
皆さんに比べてどうこうとか、暗闇ばかりでなんにも見えないのですとか、
これが良くなかったのでしょう。
謙虚なのは一般的に美徳なのでしょうが、ヘミシンク的に考えると、
過剰な謙虚さは自己限定につながってしまい良くないことがわかりました。
こういうことは後から分かるのですがタイさんやセミナーのメンバーから
優しく誘導されていたように思います。

ヘミシンクは基本的に感じたそのままを全て体験として受け止めることが
重要なのだということを教えていただきました。
だから、自分の能力はここまで、とかいう自己限定は必要ないし、
こういう考え方がストッパーになっていたのだと思います。

それから、記録は大事だと改めて思います。
後からノートを見てみると、見えない見えないと思いながらも
なんとなくイメージを捉えてメモしていたことが、
ああこういうことだったのかと数か月も経ってから気付く内容が
いくつもありました。

過去生に関することについてなどそうでした。
フォーカス15 のセッションでなにも見えないと思いつつも
なんとなく感じたエジプトに関することを断片的に記録していたのですが、
後日まるの日さんのARION ヒーリングを受ける機会がありまして、
その時にまるの日さんからいただいたコメントに
エジプトの過去生に関するものがあったのです。

結局、認識力が向上していく過程で、
その段階に応じて見えるものはちゃんと見えているのだと思います。
それが3 次元的な立体的な映像でない場合が多いから戸惑うのですよね。

偉そうなことを連ねましたが、タイさについて11ヵ月トレーニングしても
やっぱり「見えません」。
でもあくまでも3 次元的な視神経を通じて見ようとしていることに
こだわりがあるのだと判りましたので、
このあたりのことについて訓練を通じていかに認識力を上げていくかが
これからの課題だと思っています。

最後に総括として、
この11ヵ月で自分なりに変化したと思っていることを書きます。

まず、性格的に飾らなくなったな、と思います。
クルマ、洋服、家構え、なんでもそうですが
別にカッコつける必要はないんだなと自然に思うようになりました。
死ぬときなんにも持って帰れないし・・・

それから仕事がとても順調です。
以前と比べて周りをより気遣う自分がいて、
そして自分のために動いてくれる方々に対して、
ごく自然に感謝の気持ちを持って、
そしてそれを表明している自分がいるのです。
けっこう環境が変わったと思います。
オフィスの様子は何も変わらないのに、
たぶん自分の心が変わったのです。

それから、体調がすごく良くなりました。
お付き合いもあってお酒の量がたぶん普通より多いのだと思いますが、
以前と比べてアルコールの摂取量が確実に少なくなりました。
飲まなくてもいいや、と普通に思える日があるのがとても不思議です。

そして驚くことに5 年ほど患っていたパニック障害が完治しました。
セミナー受講前から、もう薬は必要ない、という意味での完治宣言は
医者から頂いていたのですが、やはり後遺症といいますか、
ある状況のもとでは症状がひどかった時の眩暈などが再発するのでは、
みたいな不安感がずっと拭えなかったのです。
これはいつのまにかアレッという感じですね。
いつのまにか気にならなくなっていたという感じです。

それから、妻ととても仲が良くなりました。
以前から悪くはないのですが、なんとなく雰囲気がいいのです。
などなど、ですが、こういうことに共通しているのは、
やっぱり自分の心が変わってきていることなのだと思うのです。

ヘミシンクについては、個人的に明らかに開発途上で
まだまだの部分が多いのはわかっています。
でも、当初のように焦っていない自分が不思議です。
といいますか、タイさんがいつもおっしゃる
「Have Fun!」これが大事ですね。
気取らないこと、焦らないこと、そして何よりも楽しむこと、
このHave Fun の意味にやっと気づいたのがセミナーも終盤の
9回目くらいでした(笑)

誰にでも段階があるのですから、これからもマイペースで
ぼちぼちと続けていきたいと普通に思っています。
いつかバージニアに行けるように。

こういうセミナーは生まれて初めてでしたが、
タイさんの引き出しの多さ、受講者のそれぞれの段階を見ての
コメントの的確さなどは流石でした。

ありがとうございました。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡一期 Bさん)

●[ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コースのまとめ]

■動機「あなたがこのセミナーに期待することは何ですか?」
1、心と身体のリラックスの仕方を知り体得して、
2、今生を楽しく充実したものにできるよう、自分の過去生について知り、
今生の課題に早く気づけるようになりたいし、解決もしたい。
3、先ずは宇宙の一部なんだということを体験したい。

■ヘミシンクを用いて変わったこと
・目的に応じた意識のもちかたがあることを知り、困難だと諦めていた
事柄にそれを活用していく筋道ができて安心感が持てるようになった。

・腹立たしいと思うストレスでも、
執着することなく短期間でストレスと思わなくなれるようになった。

・手足の指が直ぐに冷たくなる冷え性の付き合いも長いのだが、ヘミシンクを
している間だけでもぽかぽかになりリラックス出来るようになった。
リラックスの深さの指標にもなった。

・過去生について自分で探索出来ることが体験できたが、
それよりも日常生活の中で、本当に自分に必要な(行動)エネルギーは
何かと感じれるようになるほうが本筋だと思うようになった。

■ヘミシンクで感じたと
・各フォーカスレベルの交信ポイントへのアクセスは、
アドバイスやヒントとなる何かが得られるチャンスを
自分から持てるという点で、不安にならずに済むし、
上達すればモチベーションアップにも
繋がりそうだと感じている。

・夢で見た気がすると思うような内容・体験は、
まだ意識できない状態での体験かもしれないと
知ることができた。
各フォーカスレベルに設けられた意識の集合場所での
友人との再会体験は新鮮で印象深かった。

■これからのこと
・エネルギー的な場の区別は出来るようになると
自分を助ける方向へ導けそうだ。
また反対に、大きなエネルギーの流れに乗ることも
大切な選択肢だと気づけるようになり、
後は自分自身の目標に合わせて選べれるように
なれたらいいなと思うようになった。

■コースを終えて
・これまでは、寝ているか起きているか・気分が良いか悪いかくらいの
表現しかできなかったが、
意識の持ち方を自分で変える訓練と出会えて、理解や表現、
そして解決を助ける方法が加わり本当に良かった。

・無意識が開かれるとそれは、
宇宙へのアクセスが広がるとでも言うのしょうか。
自分の中に有る(自分で感じる)宇宙を意識できて本当に良かった。

(ゲートウェイ・エクスペリエンス完全攻略コース 福岡一期 Nさん)

●私は、ヘミシンクを独学で始めて
現在で一年半くらい経過したと思いますが、
なかなか思うように体験できず、
やはりしっかりした方のアドバイスを受けて
ヘミシンクのコツみたいなものを学ぶ必要性を感じておりました。
そういう状況の下、
TAIさんが東京で4回のコースを開講するということを知り、
迷わず申し込んだ次第です。
休みをうまく取れるか心配でしたが、
そこはガイドに任せようと思っていました。

とりあえずの目標は自力でガイドを知覚して、交信することでした。
それは早くも第一回目で達成することができ、手ごたえを感じました。

二回目は過去生の探索でしたが、
チベット僧とアステカ時代の女性の過去を知覚できました。
特にアステカ時代の過去生は調べたところ、
アステカ帝国が存在していた時代に生きていたことが判明し、
自分の知覚に信頼が出てきました。

 三回目は今度は二人のガイドを知覚しました。
一人は太った女性でロシア革命時代のグルジア人のようでした。
もう一人は未来人?の感じで
男性で白衣を着ていて植物を研究している方でした。

四回目はレトリーバルということでしたが、
うまく救出活動ができるかなと思っていましたが、
TAIさんが段階を踏んで指導してくれたので、
難なく救出活動ができました。

 今回参加することによって、
自分がどのようにしたら知覚が広がるかを体得できました。
それは積極的なイメージの構築と自問自答です。
これを手掛かりに体験が進むことを見出しました。

 また、C1においても影響がありました。
これは、今年の7月から計画していたことですが、
アロマテラピーを勉強したいという思いが強くなりまして、
㈳日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定1級受験を
しようと決意しました。
実際行動に移したのは9月中旬でした。
試験日の11月6日まで時間がありません。
仕事も忙しくなかなか時間が取れませんでした。

合格のカギは精油の嗅ぎ分け試験です。
二問出ますが、配点が大きく合否を左右します。
試験の2日前、通勤途上の山手線の車内で
試験に出る精油が二つ思い浮かびました。
それは、フランキンセンスとクラリセージです。
実際に問題をみてびっくり。
二問の試験の中でそれぞれ選択肢の中に
フランキンセンスとクラリセージがありました。
僕は迷わずその二つの精油を選びました。

 結果が待ちどおしかったですが、
つい先日12月8日に合格通知が届きました。
ガイドとつながったおかげだと感謝しました。

 TAIさんのこのセミナーは
コンパクトにまとまっていて、非常によいです。
短期間で結果を出したい方にはお勧めのセミナーだと
自信をもってお勧めできます。

TAIさんありがとうございました。
また、一緒にセミナーに参加した皆さん、ありがとうございました。

 (2011年後期実施 マンスリーコース Oさん)

F10からF27までの一通りを、全4回で学べる、
というところに魅力を感じ、申し込みました。
(4回だけなら日程の都合も、
参加費の都合もつきそうだった、というのもあり…)

申し込んではみたものの、
正直そんなに期待はしていなかったのですが
(タイさん、ごめんなさい!)………最終的に大満足でした。

セミナー中の体験は人それぞれだと思うので、
そのあたりについてはあえてコメントしませんが、コースを終えて、
【一通り学び終えたという自信と安心感】を得られたことが、
私にとってはとても大きかったと思います。

これは、このコースに参加された多くの方が
共通して得られるものではないでしょうか。

今までは家で聴いていても、疑問や不安を持ちながら、
なんとな~く聴いていましたが、
コース修了後は本当の意味でリラックスしながら
楽しんで聴けるようになりました。

日常の中での体験、気付きを重ねつつ…
また機会があればぜひタイさんのセミナーに参加したいです。
(というか阿蘇に行ってみたい!)

タイさんを含め、マンスリーコースでご一緒し、
体験のシェアや新たな発見を下さった皆様に感謝です。
ありがとうございました。

(2011年後期実施 マンスリーコース Mさん)

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © TST ヘミシンク体験センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.